またしてもプレーオフ敗退… 戦えなかった千葉、ベテラン山口の悔恨

カテゴリ:Jリーグ

細江克弥

2014年12月08日

チームメイトやスタッフが肩を叩いても…。

敗北を告げるホイッスルが鳴ると、山口はがっくりと膝を落とし、10分近く動けなかった。 (C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 試合後の取材エリアで、36歳のDF山口智は顔なじみの記者たちに頭を下げた。
 
「すいません。ホント、すいません」
 
 ジェフユナイテッド千葉は、J1昇格の残り1枠を争うプレーオフ決勝でモンテディオ山形に敗れた。プレーオフでの敗退は3年連続。かつて日本サッカー界屈指の名門と称されたチームは、またしても目の前にあったはずの結果をつかみ損ねた。
 
 山口がキャリアのスタート地点であるジェフに戻ってきたのは、2012年のことだ。しかしその1年目、彼は再び黄色のユニホームを着る決断を下したことに心情的な「復帰」の意が含まれていることを否定した。
 
「僕は『戻って来た』という表現が好きじゃない。一人の選手として評価してもらって、戦力として考えてもらって移籍してきた。“昔いたチーム”というだけで、今はもう、チームも環境も全く違いますから」
 
 そして、こう続けた。
 
「結果を出すのは簡単じゃない。いい選手がいれば勝てるわけでも、ちょっと結果が出たらそれでOKというわけでもない。僕はガンバ大阪で、それを知りました。現状に満足したら、選手もチームも終わり。ジェフにはそういう部分でアバウトなところがあったと思うし、今もあると感じています。自分を含めてもっと厳しくやらないといけないし、嫌われ役になってでも、自分が影響力を持たないといけない」
 
 しかしあれから3シーズンが経過した今も、山口はあの時と同じ表情で、同じニュアンスの言葉を発し続けている。
 
 山形との運命の一戦が0-1のまま幕を閉じると、山口はその場に膝を落とした。ピッチに顔をうずめたまま、10分近くも動けなかった。
 
 歩み寄ってきたチームメイトやスタッフが肩を叩いても、顔を上げることも身体を持ち上げることもできない。その悲痛な姿は、やり場のない怒りと悔しさ、抱えていた責任の重さと自分に対する不甲斐なさを、すべて抱えて身体の中に閉じ込めようとしているように見えた。
 
 もっとも、ピッチで何があっても、彼が怒りや悔しさを抱えたまま取材エリアに現われることはない。取材陣の質問には常に丁寧に答え、チームメイトに遠慮することなく個人名を挙げて叱咤することもある。ただし、彼の口から冷静かつクレバーな言葉で発せられるメッセージの多くは、「戦う姿勢」に言及したものである。おそらく3年間にわたってチームに訴え続けてきたのも、そのことだったに違いない。

【ゲームPHOTOギャラリー】山形 1-0 千葉

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月27日号
    5月13日発売
    J29年目突入記念企画
    J1&J2全42クラブの
    歴代レジェンドを
    格付け!!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ