「本当に大丈夫だと思うのか!?」「理解できない」クロップ、サラーへの“危険すぎるタックル”に怒り心頭!

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年10月06日

チームはプレミア17連勝も…

チャウドリーのアフターチャージを左足に受けたサラー。そのプレーにクロップが激怒した。 (C) Getty Images

画像を見る

 エースを傷つけられた指揮官が怒りをにじませた。

 現地時間10月5日、プレミアリーグ第8節が行なわれ、本拠地アンフィールドにレスターを迎えたリバプールは2-1で接戦を制し、昨シーズンから続くリーグ戦の連勝を「17」に伸ばした。

 後半アディショナルタイム5分にジェームズ・ミルナーがPKを決めて、難敵との戦いを制して首位を堅持したレッズだったが、後味の悪い白星となってしまった。貴重な得点源でもあるモハメド・サラーが、終了間際に負傷したのだ。

 89分、カウンターから一気に敵陣を切り裂いたサラーが、エリア内に入り込もうとした時だった。レスターのハムザ・チャウドリーに背後からアフターチャージを見舞われ、エジプト代表FWは左足を負傷。アディショナルタイム2分にアダム・ララーナとの交代を余儀なくされた。

 試合後、英公共放送『BBC』のフラッシュインタビューで、サラーの状態を聞かれたリバプールの指揮官ユルゲン・クロップは、語気を強めながらチャウドリーのプレーに苦言を呈した。

「大丈夫かって? 大丈夫だと思うのか? あれを見て大丈夫だと思うの? あれはモウ(サラーの愛称)を倒すためだけにプレーだった。ここに立つ私は本来なら選手たちの戦いぶりを喜ぶべきだろうが、チャウドリーに対するイエローカードという判定は見逃せない。どうして彼がイエローカードで済んだのかは理解できない。モウは足を引きずりながら出て行ったんだぞ?」

 イライラした表情を浮かべるクロップは、インタビュアーに対して、「あのプレーを見ていたかい? レッドカードだと思う?」と訊き、インタビュアーが答えに窮すると、こう続けた。

「それはあなたがイングリッシュ(英国人)だからレッドカードじゃないんだ。私は信じられないよ。言い訳の余地はない。ノーチャンスだ。私が思うに100パーセント、退場だ。それがフットボールなんだよ。頼むよ。ボールは遠くにあったし、彼に何ができるというのか。ボールがない状態で相手を倒すことに全力を注いでいた。

 あれは私には理解ができない。彼(チャウドリー)だけを責めるつもりはないが、皆は言うだろう。『そうだな。うーん。グッドタックルだ』とね。あれはタックルじゃないよ。タックルってボールを取りにいくものだろ? とにかく本当に理解しがたいね」

 劇的勝利で連勝を伸ばしたリバプールだったが、指揮官の心は晴れなかった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ