【栃木】J2残留のキーマンへ!MF古波津辰希が4年目の今季、例年以上に懸けていたワケ

カテゴリ:Jリーグ

桜井 誠

2019年10月04日

古波津は降格圏脱出への原動力となれるか

今季初先発となった30節・水戸戦から3試合連続でフル出場を果たした古波津。(C)J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

 残り10試合を切っても危険水域を脱せず、厳しい戦いを続けている栃木。そんな苦境にあえぐチームにあって、“勝負のシーズン”と位置づけ、ピッチに立つボランチがいる。それが4年目の古波津辰希だ。
 
 今シーズンは途中出場が続いていたが、30節のホーム水戸戦で初先発。3試合連続でフル出場を果たすと、勝ち星にはつながらなかったが、持ち味のアグレッシブなプレーで存在感を示した。「監督から求められているのは、セカンドボールを拾うことと、球際の強さ。自分がボールを奪って前につなげば、それだけでチャンスは増える」と自らの立ち位置はしっかりと自覚している。

 沖縄県出身。流通経済大時代からハードワークと対人プレーの強さをセールスポイントに活躍。2015年8月にはJリーグ特別指定選手として栃木の戦列に名を連ねた。さらにその直後の天皇杯1回戦では、流経大のボランチとして栃木と対戦し、金星を奪う原動力にもなった。
 
 2016年、そんな経歴を背負っての正式入団。栃木はJ3に降格し、失意のシーズンを迎えていただけに、J2復帰のキーマンとして周囲が期待しないはずはなかった。しかし、入団後の3シーズンは本間勲(2017年引退)、岡﨑建哉(現・山形)らとのポジション争いに敗れ、昨シーズンまでの通算出場は25試合。安定して出場機会を得ていたとは言えず、クラブから契約を切られてもおかしくない状況にあった。

 なんとか契約が継続され、迎えた2019年シーズン。「栃木で残りたくても残れない選手を見てきた。腐っているわけにはいかない」という気持ちが芽生えたという。トレーニング量を増やし、それまで80キロ近くあった体重を10キロ以上絞った。「昨年までは身体が重く、サッカー選手と言える身体ではなかった。ただ、今年は筋肉を付けつつ、体重は大学時代まで戻した」と話す姿は、以前より確実に精かんさを増した。古波津の決意の大きさの表われといっていいだろう。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ