鳥栖MFのゴラッソFK弾が1位! “ミスター決定力”元スペイン代表の高速カウンターもランキング入り!!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年10月01日

Jリーグ「週間トップ10ゴール」はFK、カウンター、ボレー、裏街道など多彩な名シーンをピックアップ!

先週末開催された29試合のなかからトップ10ゴールに選ばれたのは?(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 Jリーグは10月1日、公式YouTubeチャンネルで「週間トップ10ゴール」動画を発表した。
 
 先週末の9月28日、29日に行なわれたJ1・J2・J3の全29試合のなかから、記憶に残るスーパーゴールをJリーグ公式サイト編集部がピックアップし、ランキング形式で紹介するこの企画。今回は、J1から5ゴール、J2から4ゴール、J3から1ゴールが選ばれた。
 
 お互いに3得点ずつを奪い合う、打ち合いとなった鳥栖対浦和の一戦からは、2本のゴラッソが上位にランクイン。右サイドからのクロスを浦和の長澤和輝が右足を高く振り上げ、倒れ込みながら決めたアクロバティックシュートが3位に。そして、ペナルティーエリア手前右からゴール右上の絶妙なコースを狙い、ネットを揺らした原川力のFK弾が1位に選出された。
 
 また、2位に入ったのは、神戸の元スペイン代表FWが川崎を相手に高速カウンターから決めた先制弾。自陣でのボール奪取からダビド・ビジャがすぐさま前線の古橋亨梧にパスを供給。ゴール前にトップスピードで走り込んでいたビジャが再び受けると、左足のダイレクトシュートでニアサイドを打ち抜いた。この得点シーンに実況も「2トップの古橋、ビジャ、ふたりだけで完結しましたコンビカウンター!最後は“ミスター決定力”ビジャです!」と興奮気味に伝えた。
 
 そのほかにも、大卒ルーキー・濱託巳(沼津)のプロ2得点目となる見事なボレーシュートや、エウシーニョ(清水)のゴール前でのリズミカルなワンツーからのシュート、神谷優太(愛媛)のGKを裏街道で抜いて決めた得点など、色鮮やかなスーパーゴールの数々が選ばれている。

 今週末のJリーグは4日、5日、6日にJ1・J2・J3の全試合が開催される。果たして次はどんなゴールが飛び出すのか注目だ。

【サポ―ター必見】カメラマンが厳選するJ1第27節の"ベストショット"ギャラリー!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月23日号
    4月9日発売
    戦術&システムで
    読み解く
    J1&J2全40クラブの
    「10年史」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ