【ユベントスの市場動向】リヒトシュタイナーの契約延長交渉が暗礁に。18歳のアルゼンチン人MFを獲得へ

カテゴリ:メガクラブ

ジャンルカ・ディ・マルツィオ

2014年12月04日

延長交渉と後釜探しの二正面作戦。

リヒトシュタイナーとの延長交渉を続けながら、ユベントスは後釜確保にも乗り出し、このダニーロに白羽の矢を立てている。 (C) Getty Images

画像を見る

 来年6月に満了するシュテファン・リヒトシュタイナーの契約延長交渉が難航している。
 
 ここまでの話し合いでは合意に向けた道筋が立っておらず、今シーズン限りで退団という可能性も高まってきた。ユベントスは、粘り強く交渉を続ける意向だが、その一方で「後釜」の確保にも動き始めている。
 
 すでに10日前、ポルトに対して91年生まれの右SBダニーロの獲得を移籍金1000万ユーロ(約14億円)でオファー済み。選手サイドにも年俸200万ユーロ(約2億8000万円)の5年契約を提示した模様だ。当分の間、延長交渉と後釜探しの二正面作戦が続くことになりそうだ。
 
 一方、18歳のアルゼンチン人MFトマス・ポチェティーノ(ボカ・ジュニオルス)の獲得が近づいている。
 
 ボカとの間では、買い取りオプション付きレンタル(移籍金150万ユーロ=2億1000万円)という条件で基本合意に達しており、本人はすでにイタリアに到着して祖先の出身地ソレントでパスポート取得の手続きを行なっている。12月4日にはトリノに移動してメディカルチェックを受ける予定だ。
 
 最終的な移籍交渉は、12月半ばにボカのダニエル・アンジェリシ会長がイタリアを訪れる際に行なわれる見通し。
 
文:ジャンルカ・ディ・マルツィオ
翻訳:片野道郎

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ