「鹿島を倒したい」ACL3戦連発&4強決定弾の興梠慎三、準決勝の相手に古巣を希望!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年09月17日

リーグ戦では7試合白星なく「サポーターの皆さんには申し訳ない」

第2戦で先制ゴールを決めた興梠。準決勝進出へ大きな1点となった。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 浦和のエースが2年ぶりのACL4強入りを決める殊勲弾を放った。

 ACLの準々決勝第2戦・浦和レッズ対上海上港は9月17日、埼玉スタジアムで行なわれ、1-1の引き分け。2戦合計スコア3-3となったものの、アウェーゴール数の差で浦和がベスト4進出を決めた。

 立ち上がりから上海上港の攻勢にさらされた浦和だが、粘り強い守備で凌ぐと39分、左サイドの関根貴大のクロスに興梠慎三が頭で合わせ先制点を決める。興梠の大会通算25得点目そしてACL3戦連続弾でリードした浦和は、後半に追いつかれるものの、1-1のスコアで凌ぎ切って、2年ぶりの準決勝進出を決めた。

 殊勲のゴールを決めた興梠は試合後のフラッシュインタビューで、「ここ最近は(リーグ戦などで)苦しい試合が続いていてサポーターには申し訳なかった。今日はなんとか勝ち上がってよかった」と、リーグ戦では7試合勝ち星がない不調にサポーターへ陳謝するとともに、準決勝進出を勝ち取ったことに胸をなでおろした。

 さらに、準決勝への抱負を問われると、「対戦相手が明日決まるということなんですが、自分的には鹿島を倒したいです」と、広州恒大との準々決勝第2戦を迎える鹿島との対戦を希望した。興梠にとって、古巣との対戦を希望した形だ。

 さらに、興梠は続けて「最近、勝ちが拾えてない試合ばかりで、サポーターの皆さんには申し訳ない試合ばかりなんですが、引き続き熱い声援をお願いします」と、2年ぶりのACL制覇へ、チームへのサポートを呼び掛けた。

【ACL PHOTO】浦和 1-1 上海上港|2年ぶりの4強進出!アウェーゴール数で上回り上海上港を撃破!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ