「恥さらし」「欧州全体で彼との交渉は止めるべきだ」ユナイテッドOB、G・ネビルがポグバの剛腕代理人を酷評!

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年09月17日

「ライオラと交渉する必要はない」

マドリー行きが噂されていたポグバ(右)。ユナイテッドOBのネビル(左)は代理人と手を切るべきと主張した。 (C)Getty Images

画像を見る

 マンチェスター・ユナイテッドのポール・ポグバはこの夏、レアル・マドリーなどへの移籍が取りざたされた。最終的にはユナイテッドに残留したが、同朋ジネディーヌ・ジダンが率いる“白い巨人”への移籍を巡る噂は後を絶たない。

 絶対的な主力であるポグバの去就がつねに騒がれる状況は、ユナイテッドにとって望ましいことではないが、噂が落ち着く気配はない。そんななか、元ユナイテッドのレジェンド、ガリー・ネビルは、ポグバの代理人であるミーノ・ライオラの存在が問題と考えているようだ。

 英スポーツ専門チャンネル『Sky Sports』によると、ネビルはノルウェーのメディアに対する取材に「ポグバは移籍を望んでいることを明確にしてしまった。彼の代理人が恥さらしなんだ」と発言したという。

「ユナイテッドにとってだけじゃない。欧州全体で不快な思いをしている人たちがたくさんいる。総じてクラブはライオラと仕事をするのをやめるべきで、私はユナイテッドはライオラと交渉する必要などないと考えている。ライオラは選手の環境を整えるためと移籍金を上乗せするように仕組むが、同時に自分のために巨額の手数料を取ろうとするのが、彼のやり方だ」

剛腕で知られるライオラ氏。FIFAからイタリアでの3か月の活動禁止処分が言い渡されるなど、その強引な手法が物議を醸すことも。 (C) Getty Images

画像を見る


 さらに、ネビルは「ユナイテッドにとってはひどい話だ。彼はポグバは世界でもっとも有名かつ最高の選手のひとりだが、毎週新しい問題が出てくるだろう」と、ライオラの存在がポグバのパフォーマンスにも影響するとの見解を示した。

「いつも論争があるじゃないか。本人のせいじゃないかもしれないが、クラブにとってはとんでもないことだ。だからこそ、サー・アレックス・ファーガソンは、ライオラの扱う選手を冷たく客観的に取り除く時があったのさ。クラブでは、全員が同じ方向を向いて進んでいなければいけないんだ」

 たしかに、ユナイテッドを長年率いた名将は、クラブを最優先するためにビッグネームでも切り捨てる一面があった。果たして現ユナイテッド監督のオレ・グンナー・スールシャールは、ポグバをどのように扱っていくのだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ