中国国歌に耳をつんざく大ブーイング! W杯予選で香港サポーターが代わりに大合唱したのは…

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年09月11日

大多数がピッチに背を向けて…。イラン国歌には拍手

試合前、中国国歌を拒んで“自分たちの国歌”を熱唱する香港サポーターたち。この抗議活動も世界中のメディアに取り上げられた。(C)Getty Images

画像を見る

 混迷が続いている香港で、ワールドカップ・アジア2次予選のゲームが開催された。

 現地9月10日、香港スタジアムで行なわれたのは香港代表対イラン代表の一戦だ。香港は守備を固めて鋭いカウンターを何度か繰り出したものの、やはり力の差は歴然。23分にアズムンに先制点を決められると、54分にはアンサリファルドにリードを広げられ、強豪イランの後塵を拝した。

 その一戦のキックオフ前だ。国歌斉唱の際に、耳をつんざくような大ブーイングが会場にこだました。香港サポーターが中国国歌に対して、予告通りの強い抗議活動に出たのである。ピッチに対して大多数のファンが背中を向け、「BOO」と書かれた紙を掲げて声を絞り出したのだ。一方で、イランの国歌に対しては大きな拍手が贈られた。

「逃亡犯条例」の改正案を発端とした混乱は、いまだ終息の気配を見せていない。今回のイラン戦を前に、サポーター間ではSNSなどを通じて国際社会にアピールしようとの向きを強くなり、「香港は中国の領土ではない!」「自由を掴もう!」などの横断幕がそこかしこに掲出された。そして彼らは、非公式ながら自分たちの国歌と自負する『Glory to Hong Kong(香港に栄光を)』を大合唱したのである。

 
 フランスの通信社『AFP』は「僕たちの要求をアピールするためには、フットボールの試合がもっとも平和的なんだ」という香港ファンのコメントを紹介し、「以前から香港代表の試合において中国国歌はブーイングの対象となっていたが、今回の1万4000人によってなされたそれは、かつてないほどの大音量だった」と伝えている。

 アジア2次予選で1分け1敗の香港は、グループCで最下位(5位)に沈んでいる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ