今度は韓国女子代表監督に選手への“暴行疑惑”が浮上! 3日前に正式就任したばかりの名将で…

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年09月07日

国内の強豪クラブを6度のリーグ優勝に導く

就任会見で東京五輪出場への決意を熱く語っていたチョ監督。満を持しての第2次政権発足だったが……。(C)KFA

画像を見る

 韓国サッカー界でまたしてもスキャンダルが浮上した。

 全国スポーツ紙『スポーツソウル』は、韓国女子代表のチョ・インチョル監督が「過去に選手に対して暴行を行なっていた疑惑が浮上」と報道。現在韓国の男子A代表は海外遠征中で、木曜日にトルコでジョージア代表と親善試合を戦った。帯同していた大韓サッカー協会のキム・パンゴン強化委員長は、そのまま次の遠征地・トルクメニスタン(ワールドカップ予選)に向かう予定だったが、今回の一報を受けてキャンセル。責任者として急きょ、帰国を余儀なくされたという。

 チョ・インチョル監督は韓国女子サッカーの強化に尽力してきた実力派監督で、現在47歳。。韓国U-20女子代表、韓国女子代表の監督を歴任し、国内の強豪・仁川現代製鉄で辣腕を振るい、6度の国内リーグ制覇を達成した。昨季からINAC神戸レオネッサで活躍している韓国女子代表MF、イ・ミナは、長らく同監督の薫陶を受けた教え子だ。

 そして8月末に8年ぶりの代表監督復帰が決定。9月3日の就任会見を経て、第2次政権を発足させたばかりだった。今回疑惑がかけられているのは、2011年から12年にかけて代表クラスの選手たちに対して行なったとされる暴行だ。詳細は明らかとなっていないが、もし事実だと判明すれば、スピード解任もあり得るだろうか。

 
『スポーツソウル』紙は「もともと“強いキャラクター”として知られた指導者で、ソフトなリーダーシップではなく、強力なカリスマ性で選手たちを導くのが彼のスタイル」とし、「監督選任委員会の会議でもその点が問題となった。それでも選手たちへの聞き取り調査も行なったうえで、選任に踏み切ったはずだが……」と報じている。

 韓国サッカー界では先日も、元男子代表選手で現在高校サッカー連盟の会長を務める重鎮が、選手の母親に対して性的暴行に及び、かつ資金を横領した容疑で大騒ぎとなった。ただ今回は、女子サッカーのトップレベルで指揮を執る人物のスキャンダルだけに、ファンの眼はよりシビアなものとなるだろう。キム・パンゴン委員長をはじめとした捜査チームも、慎重を期することになりそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
参照元●スポーツソウル日本語版

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月26日号
    9月12日発売
    世界が見た「Jリーグ」
    オシムやジーコら
    総勢51名に直撃!
    シンジ&ケンゴも登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月19日発売
    現役監督が「ビッグ12」の
    戦力を採点&格付け
    「CL完全読本」
    全32チーム選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ