「トミヤス旋風は止まらず!」「彼が触れるものすべてが黄金に」パラグアイ戦の冨安健洋をイタリア紙が激賞!!

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年09月07日

イタリアで脚光を浴びる20歳

パラグアイ戦では前半はCBで吉田麻也と組み、後半は右SBで躍動。安定感のあるプレーを披露した。 写真:徳原隆元

画像を見る

 9月5日に行われたキリンチャレンジカップの日本代表対パラグアイ代表戦で、冨安健洋は前半にCBとして、後半に右SBとして2-0の勝利に貢献した。

 今夏から所属するイタリア・セリエAのボローニャで、冨安はパラグアイ戦の前半で務めたCBではなく、右SBのレギュラーを務めている。ボローニャは開幕から2試合は1勝1分けという結果を残し、いずれの試合でも冨安は地元紙からベストプレーヤーに選出されるなど、上々のスタートを切っている。

 順調な船出で、イタリアでも注目を浴びている冨安だけに、日本代表の勝利も、イタリア・メディアでも取り上げられた。

 イタリア有名紙『La Gazzetta dello Sport』は「日本代表の冨安健洋は、大迫勇也と南野拓実のゴールによってパラグアイを破った。ピッチで90分奮闘し、勝利に貢献している」と伝えた。

 同じくイタリア紙『Corriere dello Sport』は、「トミヤス旋風は止まらず! 彼の日本も勝利した」との見出しで、森保ジャパンの白星を伝えている。

  また、「彼が触れるものすべてが黄金になる」との書き出しで始まる記事では、冨安が「絶好調を維持」し、日本を勝利に導いたと表現。CBもSBも難なくこなした20歳DFは始終落ち着きを失わず、早くも10日のワールドカップ予選ミャンマー戦に目を向けていると報じた。

 ちなみに同紙は、冨安がボローニャのチーム練習に合流するのは、早くて9月12日になることも伝えている。

 守備の国と呼ばれるイタリアで、1年目ながらスポットライトが当たっている冨安。このまま「台風の目」として、辛口のカルチョファンや地元メディアを驚かせ続けられるだろうか。

 ボローニャの次節は現地時間15日。敵地で昇格組のブレッシャと対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ