• トップ
  • ニュース一覧
  • 「脳がイカれたタックル」「ハーフタイムに売れ!」PKを献上したアーセナルMFジャカにサポーターやOBから容赦ない批判が殺到!

「脳がイカれたタックル」「ハーフタイムに売れ!」PKを献上したアーセナルMFジャカにサポーターやOBから容赦ない批判が殺到!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年09月02日

本人はSNSを通じて謝罪

ソン・フンミンへの痛烈なタックルでPKを献上してしまったジャカ。エメリ監督はそんなジャカを庇ったが…。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間9月1日に行われたイングランド・プレミアリーグ第4節、アーセナル対トッテナムのノースロンドンダービーは、2-2のドローに終わった。

 ホームのアーセナルは前半、苦しい立場に追い込まれた。前半10分にクリスティアン・エリクセンに先制点を許すと、39分にはグラニト・ジャカがエリア内でソン・フンミンを倒してPKを献上。これをハリー・ケインに決められ、2点を先行されたのだ。

 ペナルティーエリアの中でソンにレイトタックルを仕掛け、不用意にPKを与えたジャカのプレーには、容赦ない批判の声が浴びせられている。英紙『Daily Mail』によれば、SNSではサポーターから公式アカウントに向けて「ハーフタイムに売れ!」、「もう終わりだ。完全に脳がイカれた愚かなタックル」、「初めてゲームで遊ぶ子どもの守備みたい」といった怒りや呆れの声が多数届いているという。

 評論家たちも手厳しい。欧州スポーツチャンネル『Sky Sports』に出演していたトッテナムOBのグレアム・スーネスは、「いつでも足を地面から離すな。これはプロの選手が1週目で教わることだぞ。ボックス内ならなおさらだ。あれじゃソンに倒れてもらうために仕掛けたも同然だよ。ジャカはもう26歳の選手だ。恥ずべきだね」と痛烈に批判した。

 また、ユナイテッドOBのレジェンドであり、“ご意見番”として知られるガリー・ネビルも「彼は26歳だ。なぜ経験豊富な選手として振る舞えないのか。まったくの狂気だよ。彼は毎シーズン、毎週のように過ちを繰り返している。何も学んでいない」と辛口で評した。

 この試合でアーセナルとサポーターにとって幸いだったのは、前半終了間際にアレクサンドル・ラカゼットが1点を返し、後半にはピエール=エメリク・オーバメヤンが同点弾を決めて引き分けに持ち込み、勝点1をもぎ取ったことだろう。

 試合後、ジャカはSNSを通じてサポーターに感謝を述べつつ、「PKに関しては僕のミスだ」と綴った。そして、「自分自身に怒っている。だが、決して諦めたりはしないで前を向くよ!」と発信している。

 今後は代表ウィークを挟み、アーセナルは次節、9月15日に行なわれるワトフォード戦に挑む。ジャカは、このミスを返上する活躍ができるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「数週間前からムードが…」ノースロンドン・ダービーは何が凄いのか? 英国人記者が日本のダービーマッチと比較
【ノースロンドン・ダービー展望】ピッチ上で繰り広げられる至高の「戦術合戦」に注目!
「いい補強なのかは疑わしい」「3番目の選択だった」堂安律のPSV加入に疑問の声は収まらず…
悪くない久保建英の選択――ビッグクラブでプレーする“ストレス”は半端ではない【小宮良之の日本サッカー兵法書】
安部裕葵、バルサBで公式戦デビュー! トップ指揮官バルベルデが見つめる前でポテンシャルを存分に発揮

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ