【横浜】「ホント、自信はあったので」遠藤渓太の意地とプライドが凝縮された一発

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2019年09月01日

DFの足を開かせるように、「一回、右に出して」

G大阪戦は先発から外されるも気落ちせず。「自信はあった」という遠藤は、技巧的なシュートで勝負を決定づけるゴールを突き刺した。写真:滝川敏之

画像を見る

[Jリーグ第25節]横浜3-1G大阪/8月31日/ニッパツ
 
 5-1で完勝した前節の名古屋戦に先発フル出場した遠藤渓太は、2得点・1アシストの活躍ぶりを披露。それでも、今節のG大阪戦はベンチスタート。定位置の左ウイングで先発したのは、今夏の新戦力マテウスだった。
 
 遠藤自身、複雑な胸中だったはずだが、不貞腐れるようなことは一切なかった。「そんな簡単に、F・マリノスで試合に出られるほど甘くはないと思っている」。名古屋戦で結果を出したとはいえ、「点に絡んだだけで、それ以前は別にパッとしなかった」と自らを冷静に客観視する。「そういう意味で、(G大阪戦は)ベンチになったかもしれないし。自分が圧倒的なパフォーマンスをここまで示せていなかったことが、今日みたいなことになったと思う」と静かに語る。
 
 だからこそ、不貞腐れることもなければ、そこまで気落ちしてもいなかった。「ポジションを取り返せるように何をしたらいいか、どんなプレーをしたらいいかを考えながらベンチに座っていた」。常に意識は高く保っていた。スタメンを外されても「それが無駄だとは思っていない」という言葉からは、メンタル面の成長がうかがえる。
 
 そんな遠藤が途中出場したのは、前半の終了間際だった。マテウスの負傷交代で出番が回ってきた。「なかなか難しいタイミング」ではあったが、「絶対に今日、試合に出るっていう確信はあった」だけに、慌てることはなかった。
 
 後半開始早々には、カットインから思い切ったミドルを放つ。これはバーの上に大きく外れたが、この試合に懸ける強い意気込みが伝わってくるシュートだった。
 
「点を取るっていうのは、すごく意識して試合に臨みました。ホント、自信はあったので」
 
 39分のティーラトンのゴールで先制していた横浜は、53分にマルコス・ジュニオールが追加点をゲット。試合を有利に進めていたものの、67分に1点を返される前後では、押し込まれる時間帯が増えていた。
 
 流れはG大阪に傾きつつあった。そんな嫌な雰囲気を打破したのが、遠藤だった。
 
 78分、仲川輝人の左足シュートはポストに弾かれる。そのこぼれ球は相手に拾われるも、仲川がすぐに取り返して、近くにいた遠藤に預ける。ボールを足もとに収めた遠藤は、対峙するDFの股の間を通す技巧的なシュートを突き刺した。
 
 DFの足を開かせるように、「一回、右に出して」。まさにイメージ通りだった。「コースもなかったし、股しかないと思って狙いました」。
 
 勢いづいていたG大阪の戦意を挫くチーム3点目。勝負を決定づける価値あるファインゴールだった。
 
 遠藤にとっては、これでシーズン4得点目。特筆すべき数字ではない。だが、意地とプライドが凝縮された印象深いゴールだった。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【横浜FM 3-1 G大阪 PHOTO】横浜がG大阪に3発快勝!超満員のニッパツも熱狂!!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ