「僕のプロ意識に意見しないでくれ」ルカクがユナイテッドOBからの“太り過ぎ批判”に猛反論!

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年09月01日

「常に一生懸命にハードワークしてきた」

インテルでさっそく結果を残しているルカクが古巣OBからの批判に応戦した。 (C) Getty Images

画像を見る

 8月8日にマンチェスター・ユナイテッドからインテルに8000万ユーロ(約100億円)で移籍したロメル・ルカク。退団を認めるまでトレーニングに参加しないという強硬手段を講じたことで、ユナイテッドOBからは非難が相次いだ。

 その筆頭が、辛口なコメントで知られるガリー・ネビルだ。自身のツイッターで「ルカクは、太りすぎて100キロ以上の重さがある。彼はインテルで得点を決め、うまくやるだろう。だが、プロ意識の欠如はチームに伝染してしまう」と辛辣に批判した。

 しかし、そんな声に対して、ルカクは自身のインスタグラムで、「おデブちゃんにしては良すぎるかな?」と暗に反論するような肉体美を公開。今月26日に行なわれたレッチェとのセリエA開幕節では移籍後初ゴールを決め、ピッチ上でも批判を一蹴するようなパフォーマンスを披露した。

 そらに、現地時間8月30日には、英公共放送『BBC』のインタビューで、「僕のプロ意識に対することは意見しないでもらいたいね」と、G・ネビルへ反論してみせた。

「ネビルは僕のフィットネス・コンディションについて話すことはできるが、僕のプロ意識については何も言えないと思うよ。それについて彼が言えることは何もない。僕は常に一生懸命働き、自分を改善しようとハードワークを重ねている。ジョゼ・モウリーニョの時も、ロベルト・マルティネスの時もだ」

 そして、「去年は悪い年だった。でも、それはサッカー界では起こり得ることだから前に進む必要があったんだ」と移籍を決断した理由を語ったうえで、こう続けた。

「僕だって彼が評論家だということは分かっている。彼はあの手のことを言って報酬を受け取っている。一方で僕はサッカーをすることで給与を貰っている。もちろん僕らは成長した男同士だし、今はインテルのためにベストを尽くすことしか考えていない」

 そのインテルで、まずは上々のスタートをきったルカク。新天地で結果を残し、周囲を黙らせることができるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ