「君はチームの未来になり得る」マリティモ移籍の前田大然、初先発で初ゴール! 現地サポから激励も

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年08月26日

初めての先発出場で初ゴールを記録

新天地で初ゴールを決めた前田。写真は松本山雅時代のもの。 写真:滝川敏之

画像を見る

 現地時間8月25日、ポルトガル・リーグの第3節が行なわれた。今夏に前田大然が加入したマリティモは、ホームでトンデラと対戦し、2-3で敗れている。

 この試合で、初のスタメンを飾ったのが、4-4-2の2トップの一角を務めた前田だ。ここ2試合は途中出場で存在感を示し、ついにやってきた初先発の試合で、初ゴールを決めてみせた。

 1-2と1点ビハインドで迎えた75分、エリア左外からのFKが右サイドにこぼれたところを、ゼネディーン・ジュニアが右足でゴール中央へ送る。そのボールに素早く反応した前田が、DFと競り合いながらゴール前に飛び込み、頭で押し込んだ。

 トンデラは前田のオフサイドを主張したものの、主審はVARで日本代表FWの位置を確認し、ゴールを認めている。

 90分にトンデラのFWリチャードに決勝点を決められて試合には敗れたものの、現地メディア『MAIS FUTEBOL』は「ボックス内で高く飛んだ前田の、素晴らしい同点ゴールだった」と報じた。現地紙『JM desporto』は「ヌノ・マンタ率いるマリティモは、前線の新たな主力としてマエダとマルセリーニョを起用し、一定の成果を得た。マエダはスコアを振り出しに戻すゴールを決めている」と伝えている。

 前田も、自身のSNSで初ゴールを報告。ポルトガル語で「僕の最初のゴール。勝つまで、辛抱強く行動し続ける必要がある」とメッセージを添えて、ゴールシーンの動画を投稿した。日本のサポーターから多数の祝福がコメントで寄せられるなか、現地サポーターからは「スピードに驚いたよ。君はチームの未来になり得る」「勝つために頑張ろう」といった激励が投稿されている。

 マリティモはここまでリーグ3試合で1分2敗と苦戦中。次節は8月31日に、パソス・フェレイラとアウェーで対戦する。その試合でも先発が予想されている前田は、チームのリーグ戦初勝利に貢献することができるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「最高クラスの一撃」「これがカガワか!」香川真司のサラゴサ移籍後初ゴールに地元紙とファンが熱狂!
伊紙がセリエAデビューの冨安健洋を「気持ちの良い新人だ」と絶賛! 闘病中にベンチ入りの指揮官にも賛辞続々
堂安律のPSV移籍はフローニンヘンが提示した約17億円の違約金がネックに。オランダ紙は「消滅の可能性も」と見解

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト10月10日号
    9月26日発売
    全4135選手!
    都道府県別
    Jリーガー
    輩出ランキング
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月17日発売
    欧州81クラブの
    最新スタイルを総点検
    「戦術&キーマン」
    完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ