横浜、敵地で名古屋に5発圧勝! 新助っ人FWが鮮烈バイシクル弾! M・ジュニオール、遠藤が2得点と爆発!!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年08月24日

M・ジュニオールがPKで2得点、新加入エリキが移籍後初弾!

横浜はマルコス・ジュニオールとエリキの助っ人勢がゴールで存在感を示した。仲川もふたつのPKを獲得する活躍ぶり。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J1リーグは8月24日、各地で24節の6試合を開催。パロマ瑞穂スタジアムでは、名古屋グランパス対横浜F・マリノスの一戦が行なわれ、5対1で横浜が勝利を収めた。

 序盤は3連敗中の横浜が敵地で果敢な姿勢で仕掛け、名古屋ゴールに迫る。すると3分、仲川輝人がエリア内に侵入しドリブルで仕掛けると、これが相手DFのファウルを誘発してPKを獲得。キッカーのマルコス・ジュニオールが落ち着いて決めて横浜が先制した。

 その後はスタジアムを満員で埋め尽くしたホームサポーターに応えるように名古屋が反撃。スムーズなパスワークからゴールを狙うが、フィニッシュに精度を欠き得点には至らない。

 すると名古屋の反撃を凌いだ横浜は39分、敵陣に押し込み、今夏新加入のブラジル人FWエリキが鮮やかなバイシクルショットでネットを揺らす。横浜が2対0として前半を折り返した。

 後半に入っても横浜の勢いは衰えない。60分には仲川が名古屋ディフェンスラインの背後に抜け出すと、相手DFのファウルを誘ってこの日二度目のPKを獲得。名古屋はファウルを犯した宮原和也が退場となってしまう。そして、PKはM・ジュニオールが再び沈め、横浜が3対0とする。

 その後、70分に名古屋はジョーが今季6点目のゴールを決めるが、横浜もすぐさま反撃。78分、カウンターから遠藤渓太がゴールネットを揺らし、名古屋の反撃ムードを断ち切ると、84分にも遠藤がダメ押しの5点目。結局、横浜が5対1で名古屋に大勝した。

 横浜は連敗を3で止め、勝点を42に伸ばした。一方の名古屋は5試合ぶりの黒星で、勝点31にとどまった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【名古屋 1-5 横浜FM PHOTO】敵地名古屋に乗り込んだ横浜が5発大勝で連敗をストップ!
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ