横浜FCのルーキーが決めた狙い澄ましたミドル弾が1位!Jリーグが「週間トップ10ゴール」を発表!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年08月20日

横浜FCからは若手二人のゴールが選出

今季2ゴール目がトップ10ゴールの1位に選出された中山克広。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 Jリーグ公式HPは8月17日、18日に行なわれたJ1、J2、J3リーグの試合の中から、恒例の「週間トップ10ゴール」をランキング形式で発表。1位には、横浜FCの新卒MF中山克広の狙い澄ましたミドルシュートが選ばれた。
 
 今週のトップ評価を受けたのは、横浜FCの大卒1年目、MF中山克広だ。いきなりスタメン座を確保し、ここまで18試合に出場しているルーキーは、8月17日に行なわれたJ2第28節の琉球戦の前半アディショナルタイム、ペナルティーエリア手前でボールを受け、右足で狙い澄ましたミドルシュートを、相手GKが触れられないコースに叩き込んだ。
 
 また、同じ試合で横浜FCのMF斎藤功佑が左足で決めた強烈な一撃も4位に選出。生え抜きの22歳はこれが今季初得点だった。
 
 清水から8-0の歴史的大勝を飾ったJ1札幌からは、3つのゴールが選出された。

 最上位の2位に選ばれたのは、この日7点目となった、DF福森晃斗の豪快なFK。グラウンダーのクロスをダイレクトで叩き込んだ、MFチャナティップのこの日8点目が3位、FW鈴木武蔵がまたぎフェイントから左足で放ったミドルシュートが7位だった。
 
 その他では、5位に水戸の小川航基の絶妙トラップからの一発、6位にカットインから左足で決めた相馬勇紀の鹿島移籍後初ゴール、8位に柏のオルンガの打点の高いヘッド弾、9位は神戸の山口蛍の冷静な今季初得点、10位には鹿児島の五領淳樹の長距離FKがそれぞれランクインしている。
 
 今週末のJリーグは、J1では金曜日の23日に3試合が、翌24日に6試合が行なわれ、J2は24~25日に全11試合が開催される。なお、J3の試合は組まれていない。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月26日号
    9月12日発売
    世界が見た「Jリーグ」
    オシムやジーコら
    総勢51名に直撃!
    シンジ&ケンゴも登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月5日発売
    己の価値を証明せよ!!
    2019-2020シーズン版
    必見タレントFILE
    夏の大物移籍の舞台裏も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ