「正直、ゴールだった…」VARによって無効となったシティ“幻の決勝弾”をトッテナムの守護神ロリスが認める

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年08月19日

トッテナムの守護神が漏らした“本音”

VARによって救われたトッテナム。守護神ロリスはゴールの正当性を認めた。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間8月17日、プレミアリーグ第2節が開催され、マンチェスター・シティとトッテナム・ホットスパーのビッグマッチは2-2で決着した。

 この試合の結果を大きく左右したのは、今シーズンからプレミアリーグで導入されたVAR判定だった。ゲームも大詰めを迎えた後半アディショナルタイム4分の出来事だ。

 シティの右CKの場面でゴール前の混戦からファーサイドにボールがこぼれると、これをガブリエウ・ジェズスがねじ込み、土壇場でホームチームが勝ち越し弾を決めたかに思われた……。だが、G・ジェズスに渡る直前に、シティのエメリック・ラポルトの腕に相手DFに当たって跳ね返ったボールが直撃していたプレーがハンドと判断され、得点が無効となったのだ。

 昨シーズンのチャンピオンズ・リーグ準々決勝の第2レグの同カードでも、VARによるハンドの判定でシティのゴールが覆り、大きな物議を醸していただけに、またも勝利を逃したシティの面々は、試合後に不満を爆発。指揮官のジョゼップ・グアルディオラは、マイケル・オリバー主審と握手を交わした後に「私を見ろ! 私を見なさい」と連呼し、何か言いたげな表情で詰め寄っていた。

 そうしたなかでトッテナム側で“本音”を漏らした選手がいる。試合後、英衛星放送『Sky Sports』の取材に応じたフランス代表GKウーゴ・ロリスは、問題のシーンを見たうえで、「正直なところ、シティのゴールだったと思う」と話し、さらに次のように続けた。

「シティにとっては不運だったね。誰もがあの場面に関して異なる解釈を持っていると思うよ。もちろん、僕たちとしては、今回のジャッジに満足しているけどね。あの場面をスタジアムのスクリーンで確認したとき、そこには僕たちにとって幸運なハンド、シティにとって不運なハンドの瞬間が映っていたと思うからだ」

 最先端のテクノロジーによって、難敵トッテナムからの勝利をまたも逃したシティ。微妙な判定だっただけに、納得がいかないのも無理もないかもしれない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ