C大阪が奥埜博亮の2ゴールで4試合ぶりの白星!横浜は新加入のブラジル人2名が先発も得点が遠く…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年08月17日

奥埜は2戦連発と好調

2戦連発となる2ゴールを決めた奥埜。チームを4試合ぶりの勝利に導いた。写真:徳原隆元

画像を見る

 J1リーグは8月17日、各地で23節の7試合を開催。日産スタジアムでは横浜F・マリノス対セレッソ大阪の一戦が行なわれ、2-1でC大阪が勝利を収めた。
 
 ともに2連敗中同士の戦いとなったこのカード。横浜は今夏加入したエリキとマテウス、渡辺皓太をさっそく先発で起用した。マルコス・ジュニオールを含む前線のブラジル人トリオがどういった働きを見せるのか、注目された。
 
 試合の入りは、横浜がテンポよくボールを回し、相手にプレッシャーを与える。
 
 12分、早々に試合が動く。丸橋祐介の左サイドの敵陣深くへの突破からマイナスにパスの方向にパス。ペナルティエリア内左で受けた清武弘嗣が、一度はボールを奪われるも取り返し、ゴール前に柔らかいクロスを供給。これを奥埜博亮が押し込み、C大阪が幸先良く先制。奥埜はリーグ戦2試合連続ゴールだった。
 
 横浜は失点後も依然としてボールを握る。名古屋グランパスから期限付きで加入したマテウスが25分に遠い位置から意表を突くシュートを放つなど、再三にわたり積極的な姿勢を見せる。
 
 C大阪はボールを奪うと効果的なサイドチェンジやロングフィードを活用して得点の匂いを感じさせるゲーム運びを見せる。40分には、左サイドからの清武のアーリークロスに、走り込んだブルーノ・メンデスがヘッドで合わせるも、J1デビューを果たした横浜のGK杉本大地が指先でボールに触れて得点を許さず。
 
 このままC大阪の1点リードで前半を折り返す。
 
 後半は再三にわたり横浜のマテウスが仕掛ける。54分、左サイドでボールを受けたマテウスがワンフェイクで相手DFを交わしてグラウンダーのシュートを放つ。GKが弾いたこぼれ球をエリキが倒れ込みながらも押し込むも、C大阪の守備陣が身体を張った守備で防ぎきった。
 
 粘り強い守備を見せていたC大阪だったが、63分にM・ジュニオールの侵入を許し、同点とされてしまう。しかし、76分、左サイドからのFKを獲得すると、キッカーのソウザが鋭いクロスを供給。このボールに上手く走り込んだ奥埜がつま先で合わせて、勝ち越しに成功した。
 
 試合はこのままお互いに得点のないままタイムアップ。C大阪は4試合ぶりの勝利で貴重な勝点3を獲得し、暫定7位に浮上。一方、一時は2位まで浮上した横浜だったが痛い3連敗を喫し、順位は4位のままで変動しなかった。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月26日号
    9月12日発売
    世界が見た「Jリーグ」
    オシムやジーコら
    総勢51名に直撃!
    シンジ&ケンゴも登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月5日発売
    己の価値を証明せよ!!
    2019-2020シーズン版
    必見タレントFILE
    夏の大物移籍の舞台裏も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ