ネイマールのバルサ復帰に、OBストイチコフは断固ノー!!「彼がプレーする場所はない」「ロッカールームの爆弾になる」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年08月16日

「あらゆる意味でプレッシャーになる」

OBのストイチコフ(左)から強烈なダメ出しを食らっているネイマール(右)。ただ、交渉そのものは水面下で続けられているようだ。 (C)Getty Images

画像を見る

 バルセロナはネイマールを復帰させようと、パリ・サンジェルマンと交渉を続けている。史上最高額となる2億2200万ユーロ(約277億円)でパリSGに渡ってから2年、再び超高額取引が成立するのか否か、世界が注目しているといってもいいだろう。

 ただし、この復帰に関して、バルサのOBからは反対意見も出ているようだ。そのうちのひとり、1990年代に中心選手として活躍したフリスト・ストイチコフは、ネイマールを呼び戻すべきではないとの考えを明かしている。スペイン紙『MARCA』によれば、ストイチコフはメキシコ・メディア『Univision』の取材に対し、「バルセロナにネイマールは必要ない」と述べたという。

「彼がバルサでプレーする機会も場所もない。すでに、非常に重要な選手たちがバルサには存在するからだ。ウスマンヌ・デンベレ、アントワーヌ・グリエーズマン、ルイス・スアレス、リオネル・メッシがいる。(ネイマールが加わったら)彼らはどこでプレーするんだ?」

 さらに、ストイチコフは「ロッカールームで爆弾となるかもしれない」と指摘し、ネイマールの復帰のために支払う代償が、クラブに悪影響を及ぼす可能性を懸念している。

「私は、彼に戻ってきてほしくない。あらゆる面でプレッシャーになる。もちろん、ネイマールの復帰を望み、会長に補強を求める選手たちもいるのは確かだ。だが、バルセロナにはパリSGに払う金はないんだ」

 報道では、資金を捻出するために、バルサはフィリッペ・コウチーニョやイバン・ラキティッチをトレード要員にするのではと伝えられている。ストイチコフはこの点についても、「敬意を欠いている」と批判を重ねた。

「まず、何よりもラキティッチは偉大な選手だ。とても謙虚で、つねに気を緩めず、いつもバルセロナの利益を守ってきた。コウチーニョは大金がかかったが、とてもサッカーがうまい。私は擁護するよ。ふたりともバルセロナから去ってほしくない」

 渦中にいるバルサのエルネスト・バルベルデ監督は、現地時間8月15日の会見で「自分のチームと試合(アスレティック・ビルバオとのラ・リーガ開幕戦)に集中している。ネイマールはパリSGの選手だ」と述べるにとどまった。

「私は自分のチームにとても満足している。ここにいない選手のことは話したくない」

 ライバルクラブであるレアル・マドリーとの“争奪戦クラシコ”にも発展し、いっそうの注目を集めているネイマールの去就問題。移籍マーケットがクローズするまで、あと2週間あまりとあまり時間は残されていない。

 16日には開幕するスペインリーグ。果たして、この舞台にブラジル代表のスターは戻ってくるのだろうか。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ