左足ならではの軌道を描いた超絶FKが1位! J公式ツイッターがレフティのスーパーゴールTOP3を発表!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年08月13日

8月13日は“左利き”の日!

8節・横浜戦、FKで今季初得点を挙げた札幌DF・福森晃斗。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 Jリーグ公式ツイッターは、左利きの日とされている8月13日に、『今シーズン生まれた、レフティのスーパーゴールTOP3‼️』を発表した。
 
 1位に選ばれたのは、札幌のDF・福森晃斗だ。J1リーグ8節の横浜戦で決めた今シーズン初得点となる直接フリーキック。ペナルティエリア外の中央やや左の位置からのFKは、壁の外側からカーブしてゴールに吸い込まれるという、まさにレフティならではの一撃だった。

 2位は仙台MFの吉尾海夏のこぼれ球をそのまま振り抜いたシュートがランクイン。J1リーグ13節、対清水戦で決めたシュートは、ディフェンスが弾いたボールをマイナス方向へ戻りながら、ダイレクトで決めたシュート。ボールの軌道はゴール左隅、相手GKも触れない角度へと吸い込まれ2-2の同点に追いつく得点だった。(試合結果は清水4-3仙台)
 
 そして3位は名古屋FW前田直輝の16節・清水戦で決めたアディショナルタイムでの同点ゴール(試合結果は名古屋1-2清水)。ペナルティエリア内に侵入した前田は、エンドライン際からマイナス方向へドリブルで持ち出すと、思い切りよく振り抜いた左足の一撃が、サイドネットに突き刺さった。

 3つのゴールは、いずれも豪快に左足を振り抜き、ここしかないというコースに決まった“ゴラッソ”と呼ぶべきもの。14日の天皇杯を挟んで行なわれる17日(土)、18日(日)のJリーグでも、レフティたちのパワフルかつ芸術的な“一発”に期待したい。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月21日発売
    課題はこれで解決!
    欧州ビッグクラブ
    「冬の改造プラン」
    FOOTISTAシリアルコード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ