「カガワは黄金の日本人だ!」「市場領域の拡大に…」サラゴサが香川真司を獲得した理由を地元紙が分析

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年08月11日

ビジネス面でも大きな利益を

サラゴサ入団を決めた香川に地元紙も注目している。※クラブ公式ツイッターより

画像を見る

 30歳の日本代表MFへの期待は、デビュー前から膨れ上がっている。

 現地時間8月9日、香川真司はスペイン2部のレアル・サラゴサ入りを決めた。ベジクタシュへの完全移籍も囁かれたなかで、かねてから熱望していた情熱の国でのプレーを選択したのだ。

 そんなドイツのブンデスリーガから2部へやってきた“ビッグネーム”に現地メディアも大いに注目している。地元紙『Heraldo』は、「カガワは黄金の日本人だ」と銘打った記事で次のように綴った。

「レアル・サラゴサの新たなるスターは、アジアにおける商業面やメディアにおけるアイコンにもなる。この契約は、クラブのブランド的な拡大と新たなる市場の領域の拡大をもたらしてくれる」

 香川に大きな期待を寄せた同紙は、「サラゴサにとってパブロ・アイマール以来のビッグネームとなる彼の獲得は、単にサッカーの才能やクオリティーを見込んでのものではない」として、ビジネス面でも大きな利益をもたらす可能性を紹介した。

「シンジ・カガワの獲得はブランド力を見込んでのものでもある。米経済誌『Forbes』によれば、彼はアジアで1番の収入を得ているサッカー選手で、2012年のドルトムント移籍後から人気はうなぎ上りだ。ヨーロッパでの知名度は高く、愛想がよく、そして何よりもオープンな性格によって、複数の企業が彼をイメージキャラクターに起用するため、副収入も期待できる」

 さらに記事では、香川の持つ“力”を具体的に紹介している。

「インスタグラムとツイッターでのフォロワーはサラゴサのどの選手よりも多い160万人がついており、そのほかフェイスブックやLINEでも圧倒的なフォロワー数を叩き出している。また、5年前に彼がマンチェスター・ユナイテッドに在籍していた時には、テレビ放映権やチケットやグッズ販売などで、日本国内で2億2000万ユーロ(約275億円)もの経済的影響をもたらしたとされている」

 そして、こうも綴っている。

「マーケティング、スポンサーシップ、広告など、様々な分野で群を抜いている彼の登場は、サラゴサにとっても挑戦である。カガワは新しい市場をもたらし、ブランド力を拡大させることで、クラブをいまだかつてない領域へと導くだろう」

 ここ2012-13シーズンの降格以来、2部での生活が続いているサラゴサ。はたして、香川は、そんな古豪を浮上させる救世主となれるか――。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト10月10日号
    9月26日発売
    全4135選手!
    都道府県別
    Jリーガー
    輩出ランキング
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月17日発売
    欧州81クラブの
    最新スタイルを総点検
    「戦術&キーマン」
    完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ