「相手GKを驚かせたキック」「正確で見事なFKだ!」中村敬斗の2試合連続ゴールをオランダ・メディアが大絶賛

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年08月11日

「奇妙だった」と言われた試合で魅せた!

PSVとの開幕戦に続く2試合連続弾を決めた中村に地元メディアから賛辞が集まっている。 (C) Getty Images

画像を見る

 日本の若武者がまたも鮮烈な輝きを放った。

 現地時間8月10日、エールディビジの第2節が行なわれ、トゥベンテは敵地でフローニンヘンと対戦した。

 フローニンヘンに所属する堂安律と板倉滉とトゥベンテの中村敬斗による日本人対決が注目を集めた一戦で、出色のパフォーマンスを披露したのが中村だった。

 1週間前の強豪PSVとの開幕節でいきなりゴールを決め、鮮烈なデビューを飾った19歳の俊英FWは、その時と同じく左ウイングで先発出場。そしてフローニンヘンに二人の退場者が出て、トゥベンテが一方的に押し込む展開となった55分に見せ場が訪れる。

 左サイドから果敢に仕掛けた中村は守備に追われていた堂安に倒されて敵のペナルティーエリア手前でFKを獲得すると、これを自らゴール左下隅へ蹴り込んで、2試合連続弾となる先制点をゲットしたのだ。
 結局、試合は3-1で終了し、トゥベンテが昇格後初勝利を挙げた。76分にお役御免でベンチに下がった中村には、地元メディアから賛辞が集まっている。

 地元紙『Tubantia』は、二人の退場者を出したうえ、VARの末に3つのPK判定が下った試合について、「奇妙な試合だった」と綴ったうえで、中村のゴールシーンについては、「それまでナカムラは控えめにプレーしていたが、巧みなFKでトゥベンテに今シーズン初勝利を呼び込む得点を決めた」と称えた。

 また、大手スポーツ放送局『Fox Sports』のオランダ版も、大荒れとなった試合について、「多くのサプライズがあった」と皮肉ったうえで、トゥベンテに先制点をもたらした中村のプレーについては、「日本人FWの2試合連続ゴールは、正確で見事なFKだった」と称賛。さらにオランダ紙『Dagbalad Noorden』も「かつてフローニンヘンが獲得を切望していたナカムラが、GKセルジオ・パットを驚かせるFKを決めた」と綴った。

 2試合連続ゴールとオランダで順風満帆なスタートを切った中村。そのパフォーマンスから目が離せない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ