【岡山】クラブ史上初の4連勝から一転、今季初の3連敗…。それでも指揮官が敗戦から“見えた”ものとは…?

カテゴリ:Jリーグ

佐藤香菜(サッカーダイジェスト)

2019年08月11日

「見えなかったものが見えた」と有馬監督

今季初の3連敗を喫してしまった岡山だが、ようやく、浮上のきっかけを掴めたようだ。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J2・27節]岡山0-1大宮/8月10日(土)/シティライトスタジアム
 
 J2リーグ27節、ファジアーノ岡山対大宮アルディージャは0対1で岡山が大宮に惜敗した。
 
 7月の4戦(21節・鹿児島、22節・琉球、23節・山形、24節・甲府)ではクラブ史上初のリーグ4連勝を達成し、好調の波に乗っていた岡山だったが一転、続く25節・柏、26節・愛媛と連続して完封負けを喫し、今節の敗戦で今季初の3連敗に。この試合でも相手ゴールを割ることができなかった。
 
 ただ、「この2試合(の敗戦/25節●0-4柏、26節●0-2愛媛)ではなかなか見れなかったんですけど、自分たちのベースの部分は見えた」と大宮戦を振り返った岡山の有馬賢二監督は、「どういう風に自分たちがボールを回収するのか、相手の危険なところを消しながら奪うのか」という岡山の“良さ”を、取り戻せてきたと言う。
 
「(アグレッシブに)奪いに行く姿勢と、やみくもにプレッシングをかけるのではなく自分たちがどこからプレスをかけるのか、どこから奪いに行くスイッチを入れるのか」
「受け身ではなくて自分たち主導で(相手にボールを)持たせている時と、奪いに行く時(の切り替え)」
  こうした点が、この大宮戦では手応えとして感じられたようだ。
 
 大宮の高木琢也監督も、「前半は正直言うと試行錯誤しながら、シャドーの選手へのボールの配給をどうしていこうかと考えましたけど、うまく入って行かなかった」とコメントする。

 リーグ上位につける大宮の多彩なタレントを活かした攻撃を防ぎながらも、良い位置で与えてしまった1本のフリーキックで失点。これが決勝点となって敗れてしまったことが悔やまれるが、3連敗目でようやく“見えた”ものをきっかけに、必ずや再浮上することを期待したい。
 
 
取材・文●佐藤香菜(サッカーダイジェスト編集部) 
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ