C・ロナウド欠場騒動は泥沼化! 韓国サッカー連盟はユーベに抗議文、代理店CEOは涙ながらに…

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年07月31日

ユーベは7300万円を返金へ

韓国での試合に出場しなかったことでバッシングを受けているユーベのC・ロナウド。この問題は当分尾を引きそうだ。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間7月26日に韓国のソウルで行なわれたKリーグのオールスターチームとユベントスのエキシビジョンマッチで、ポルトガル代表FWクリスチアーノ・ロナウドが負傷を理由に欠場した余波は、いまだ収まる気配がない。

 ユーベはC・ロナウドのコンディションが万全ではないとし、エースを温存させた。だが、それによって、高額なチケットを購入していた6万5000人の観客が憤怒。韓国国内では、「ロナウド詐欺だ」という反発が起き、一部のファンはグッズの不買運動も起こしている。

 一連の問題を収束させるべく現地時間7月30日、韓国プロサッカー連盟はユーベに対して正式な抗議文書を送付したようだ。地元紙『Korea Herald』によれば、同連盟は今回の親善試合を行なううえで、「C・ロナウドを45分以上出場させること」、「主力選手の比率」、「ファンミーティングイベントの開催」など5つの違約金の項目を設定していたと主張し、「抗議文書で、クラブの無責任な行動を強く叱責した」という。

 また、同連盟から「違約金の算定作業を進めるよう」に通達されているという試合を主催した代理店『The FASTA』のロビン・ヤンCEOは、韓国の放送局『SBS』の取材にして、「私たちにはどうしようもできなかった」と涙ながらに釈明している。

「私たちは試合中にパベル・ネドベド副会長をはじめとするユベントスの関係者にロナウドを出場させることを求め、クレームを入れた。けれど、ネドベドは『私も彼の出場を望んでいる。しかし、彼がプレーしたくないと言っている以上、申し訳ないが、どうしようもない』と言われたわ」

 気になるのは、今後の処遇だ。複数の韓国メディアでは、正式な抗議文を受け取ったユーベが、今後、数日中に担当スタッフを訪韓させて謝罪をすると報じられており、最悪の場合に想定される法廷闘争を避けるために収益3億2100万円のうち7300万円を『The FASTA』に返金する可能性が高いとされている。だが、一部ではユーベに対して訴訟を起こす動きが強まっており、問題の収拾は一筋縄ではいかなそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ