マンCがデ・ブルイネ、スターリングなどのゴールで貫録勝ち! 横浜は遠藤渓太が一矢報いる

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年07月27日

デ・ブルイネが華麗な切り返しから先制弾!

カウンターからゴール前に進出したデ・ブルイネがDFひとりを鮮やかにかわしてネットを揺らした。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

『EUROJAPAN CUP 2019』の横浜F・マリノス対マンチェスター・シティが7月27日、日産スタジアムで開催され、昨季プレミアリーグ王者のマンチェスター・シティが3対1で勝利を収めた。

 試合は開始18分にマンCが先制。カウンターから右サイドのケビン・デ・ブルイネにパスが渡ると、鮮やかな切り返しでDFをかわし左足を一閃。GK朴一圭のニアサイドを破り、ゴールネットを揺らした。


 しかし横浜もすぐさま反撃に出る。23分、三好康児からのスルーパスに仲川輝人が抜け出しシュートを放つ。ここはGKクラウディオ・ブラーボに阻まれ、リバウンドを拾ったマルコス・ジュニオールのシュートも同じくブラーボに防がれたが、さらにこぼれ球に反応した遠藤渓太が右足で押し込んだ。横浜が同点に追いつく。

 横浜はJリーグと同様、後方から丁寧につなぐスタイルで、マンC相手に徐々にポゼッションを高めていく。高い位置で奪われ、ピンチを招く場面もあったが、果敢にパスをつなぎ突破口を探り出す姿勢を見せる。

 しかし前半終盤の40分、マンCはデ・ブルイネが自陣中央からボールを持ち上がると、横浜のディフェンスラインの隙を突いてスルーパス。これに反応したラヒーム・スターリングが抜け出し、GK朴との1対1を制してネットを揺らす。マンCが勝ち越しに成功する。

 迎えた後半は、横浜が前半同様に自陣からのつなぎでゴールを目指す。ポゼッションでもマンCを上回る数値を叩き出し、再三相手ゴールを脅かした。一方でカウンターからピンチを招き、ネットを揺らされる場面もあったが、VAR判定などで凌いでいく。

 しかし、後半アディショナルタイム、マンCは右サイドを破ると、最後は折り返しにルーカス・ヌメチャが合わせダメ押しの3点目。結局、マンCが3対1で横浜を破った。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【横浜 1-3 マンチェスター・シティPHOTO】同じスタイル同士の激しい戦いは横浜が苦しめるも、シティに軍配!
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ