衝撃のゴールショー! マドリーがアトレティコに7発を打ちこまれて大敗。久保のパスミスから失点も…

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年07月27日

開始早々にD・コスタが放った一撃が口火に

4ゴールを叩き込んだD・コスタ。65分に退場となったシーンも含め、“圧倒的”な存在感を放った。 (C)REUTERS/AFLO

画像を見る

 現地時間7月26日、レアル・マドリーは、アメリカ・ニューヨークのメットライフ・スタジアムでのインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)で、アトレティコ・マドリーとのマドリード・ダービーに臨んだ。

 試合は衝撃的な展開となった。

 開始早々の1分にD・コスタのゴールで先手を取ったアトレティコは、8分に期待の新戦力J・フェリックスが追加点をゲット。これで俄然、勢いに乗り、19分にコレアが3点目をねじ込み、28分と45分にはD・コスタがハットトリック達成となる2ゴールを決めて、前半だけで5点をリードしたのだ。

 一方的に打ちこまれたマドリーは、後半開始とともにルーカス・バスケスとケイラー・ナバス、ダニ・カルバハルを投入。その成果もあって、59分にはナチョのゴールで一点を返す。だが、60分にアトレティコの主砲D・コスタにこの日4点目となる一撃をくらって点差を広げられてしまった。

 趨勢が定まった2分後にマドリーは、久保建英とロドリゴを投入。ともに20日に行なわれたバイエルン戦以来となる登場となった。

 このヤングスターの登場直後には、テストマッチとはいえダービーらしいシーンが見られた。65分に接触シーンを巡ってD・コスタとカルバハルが衝突。両軍が入り乱れる大乱闘に発展した挙句、発端となった二人が“喧嘩両成敗”で退場となった。

 70分には久保のパスをカットしたビトーロに自陣から独走を許して7点目を奪われたマドリーは戦意を喪失。そのなかで右インサイドハーフにポジションを取った久保は、果敢にくさびのパスを前線へつけようと試みたが、いずれも決定機を呼び込むことはできなかった。

 怒涛の展開となった試合は、85分にベンゼマ、89分にデ・ラ・フエンテのゴールでマドリーが追い上げたが、7-3でアトレティコが勝利。プレシーズンマッチとはいえ、ライバルに屈辱的な大敗を喫した白い巨人は、チーム状態が不安視される内容となった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ