「彼は“アジアのベッカム”」「世界の手本だ!」トッテナム指揮官が韓国代表FWソン・フンミンを激賞!

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年07月25日

アジアでの“熱狂”ぶりにポチェティーノは驚き

トッテナムに欠かすことのできないメインキャストの一人となったソン・フンミンへポチェティーノが賛辞を贈った。 (C) Getty Images

画像を見る

 プレミアリーグの舞台で躍動する韓国代表FWへの期待は日増しに高まっている。

 来る8月8日に開催されるプレミアリーグ開幕戦に向けて、各チームが親善試合などで強化に努めるなか、トッテナムはアジアでのプレシーズンツアーに臨んでいる。そんななか、指揮官のマウリシオ・ポチェティーノは、現地時間7月24日に開かれた記者会見の場で、同席したソン・フンミンを絶賛した。

 現在27歳のソン・フンミンは、昨シーズンの公式戦48試合で20ゴール・10アシストを記録し、トッテナムのチャンピオンズ・リーグ決勝進出に貢献。故障が絶えなかった主砲ハリー・ケインの穴を埋め、チームのメインキャストとなった。

 プレミアリーグで声価を高める韓国代表FWだけにアジアでのフィーバーぶりは凄まじい。トッテナムは今夏にシンガポールと香港でプレシーズンマッチを行なったのだが、英紙『Metro』によれば、「行く先々でファンの視線を釘付けにしていた」という。

 そんなソン・フンミン人気に触れたポチェティーノ監督は、「アジアの全ての人々がソンに恋をしているようだね」と触れつつ、次のように続けた。

「もちろんアジアで彼がアイコンだということは知っている。私が思うに、彼はアジアのデイビッド・ベッカムのようだね。私は、彼が『まだ改善したいし、懸命に働きたい』と言っているのを聞いて嬉しく思う。その考えは素晴らしいよ」
 
 ソン・フンミンが入団した2015年の夏から指導を続けているポチェティーノは、その成長ぶりにも感慨深げに賛辞を贈っている。

「彼の姿勢や態度はアジアだけでなく世界中のファンにとって良い手本だ。トッテナムに来て最初のシーズンは大変だったと思う。新しいサッカー、イングランドの文化や習慣に慣れることに苦労していたからね。ただ、次のシーズンから彼は信じられないほどの適応能力を見せて、今や我々にとって非常に重要な選手となっているんだ。本当に素晴らしいよ」

 プレミアリーグにおけるアジア人選手最多得点記録を更新するなど、日進月歩で進化を続けているソン・フンミン。そのパフォーマンスは今シーズンも大いに期待できそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ