ミラン、冬の補強に向けて鍵を握るのはパッツィーニの去就

カテゴリ:メガクラブ

ジャンルカ・ディ・マルツィオ

2014年11月11日

アジアカップで離脱が濃厚の本田の穴を埋めるのが最大の課題。

フェルナンド・トーレスの到来によってますます出場機会が減少したパッツィーニ(背番号11)。この生粋のCFに注目しているクラブは少なくない。 (C) Getty Images

画像を見る

 ミランのフィリッポ・インザーギ監督はグループを固めつつあるが、完成までにはまだいくつかのピースが必要であり、冬の戦力補強は必至と思われる。
 
 そんなミランについて、ここ何週間かは「ジャンパオロ・パッツィーニ問題」がマスコミを賑わせてきた。インザーギ監督が今後もこのストライカーをベンチに置いておく意向ならば、契約満了を迎える今シーズン末にフリーで手放すよりも、冬のメルカートで売却、あるいは補強の交換要員という形で放出することを考えるかもしれない。
 
 例えば、やはり来夏リバプールとの契約満了を迎えるMFスソとの交換はひとつの解決策だ。来年1月には本田圭佑がアジアカップでチームを長期離脱することになると思われるため、いずれにしてもその穴埋めは必要だからだ。
 
 もうひとつの補強ポイントは左SB。インザーギ監督はパブロ・アルメロを評価しておらず、マッティア・デ・シリオのバックアップはダニエレ・ボネーラが務めている状況だ。ここには、レオネル・バンジョーニ(リーベルプレート)の名前が候補に挙がっている。
 
文:ジャンルカ・ディ・マルツィオ
翻訳:片野道郎

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ