多摩川クラシコで完敗を喫したFC東京。どこでプランが狂った?

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2019年07月14日

一致した林と森重の見解

多摩川クラシコで完敗。FC東京はここから這い上がれるか。写真:サッカーダイジェスト

画像を見る

 今季のFC東京が、完膚なきまでにやられた試合は今回の多摩川クラシコが初めてだ。前線からのプレスが上手くハマらず、20分にコーナーキックから小林にヘッドで叩き込まれて失点すると、その後も流れを掴めず、54分に齋藤、69分には阿部にゴールを決められた。
 
 内容的にもここまで圧倒されたのは今季初めてで、あそこまでFC東京の守備陣が崩されたシーンもこれまた今季初めてだった。FC東京の長谷川監督は「川崎のプラン通りに進んで、そのまま終わってしまった」とコメントしていたが、こうした流れになった最大のポイントはどこにあったのか。
 
 その答として、GKの林とCBの森重が挙げたのは同じ局面だった。
 
 林は言う。
 
「セットプレーで先制されたのが僕らとしては痛かった。あれだけ(小林にヘッドで)叩きつけられる場面を作らせてしまったことは僕らのミス。点を取られなければ焦れずにいけたかもしれないですが、セットプレーだったりとか、そういうところで綻びが出てしまったのかなと」
 
 森重も、あの先制点で流れを失ってしまったとコメントしている。
 
「セットプレーから失点して相手の流れになってしまった。あそこで1本取れられたことで相手は余裕ができた。その後の試合展開を見ても、それはあらわれていたと思います」
 
 先制されたFC東京は川崎のパスワークを封じることができず、D・オリヴェイラや永井も守備に追われた結果、このふたりのスピードを生かしたカウンターを仕掛けられなかった。リスクを冒して前に出ようとした後半も、かえって川崎にスペースを与えてしまって守備網を引き裂かれ、失点を重ねるという悪循環に陥ってしまったのだ。
 
 首位をキープしているとはいえ、2位の横浜との勝点差は「3」。そうしたシチュエーションで、FC東京は今回の敗戦のショックを払拭できるか。再浮上へのきっかけを掴む意味で、次節の清水戦(アウェー)はひとつのターニングポイントになるだろう。
 
取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)

【FC東京0-3川崎PHOTO】白熱の多摩川クラシコは川崎に軍配!敵地で首位を圧倒し3発粉砕!

【小林悠PHOTO】頼れるキャプテンが貴重な先制点を決め、J1通算100ゴール達成!追加点もアシスト!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト10月10日号
    9月26日発売
    全4135選手!
    都道府県別
    Jリーガー
    輩出ランキング
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月17日発売
    欧州81クラブの
    最新スタイルを総点検
    「戦術&キーマン」
    完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ