「嫌いになりそうだった」フィジコとの練習を乗り越え…。山形の山田が明かす“躍進秘話”

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2019年07月14日

「普段は可愛いおじいちゃんだけど」

キャプテンの山田。ここまで山形の躍進に貢献している。写真:徳原隆元

画像を見る

「マジかよ……」
 
 シーズン前のキャンプの時、山田拓巳はそう思った。今季から就任したフィジカルコーチのエルシオに対して、「嫌いになりそうだった」とも告白している。
 
 今季の戦いに向けての練習量は、山田曰く「僕のキャリアの中でも1、2位を争うくらいきつかった」。
 
「めげそうになって、しんどかった」
 
だから、これでもかというくらいのトレーニングを課せられると、「マジかよ……」と思わず本音が出た。「みんなもきつい表情をしていましたよ」という山田だが、「時間を重ねていくうちに自分たちのことを考えてくれているというか、勝利のためにやってくれているということがすごく伝わってきた」。
 
「厳しいトレーニングを積んできたことで、今はみんなのコンディションが上がってきている気がします。試合で相手チームより動けていると、エルシオさんのおかげでもあると感じます。(トレーニングを)やった分だけ強くなる。今はそんな感覚を持っています。しんどいだけじゃ続かないけど、今季はここまで結果が出ている。それが大きいです。自分たちの進んでいる道は間違ってないという自信が、エルシオさんへの信頼につながっているとも思います」

 開幕前は「嫌いになりそうだった」エルシオのことを、今、山田はこんなふうに言う。
 
「誰よりも熱いですよ。普段は可愛いおじいちゃんなんですけど(笑)、練習や試合になった途端声が出る。チームを盛り上げてくれるし、存在そのものが多いです」
 
 そんなエルシオに刺激を受けて、キャプテンの山田も改めて決意を固める。
 
「エルシオさんを見ていると、自分もやらないといけない」
 
 山田は、J1昇格という確固たる目標をしっかりと見据えていた。
 
取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集長)

 

フィジカルコーチのエルシオ。温かくも厳しくチームを見守っている。写真:徳原隆元

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ