札幌、再三好機を演出するもホームで勝ち切れず… 松本は當間のJ1初ゴールで追いつく

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年07月07日

最後まで勝ち越しを狙うもゴールには至らず…

札幌は鈴木ら前線のアタッカー陣が勝ち越し点を狙ったが、ゴールを奪い切れず。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 Jリーグは7月7日、18節の4試合を開催。札幌ドームでは、北海道コンサドーレ札幌対松本山雅FCが行なわれた。

 試合は開始7分に札幌が先制。福森晃斗からのクロスに反応したジェイがヘディングシュートはポストに阻まれたものの、こぼれ球を白井康介が押し込み、ネットを揺らした。しかし松本も反撃。コーナーキックの混戦から最後は當間建史が右足で叩き込み、松本が同点に追いつく。當間は記念すべきJ1初ゴールとなった。

 その後、ホームの札幌が幾度かの決定機を迎えるものの決め切ることができず、試合は1対1でタイムアップ。ともに勝点1を積み上げるにとどまった。

 札幌は勝点を28として6位、松本は勝点を17としたが、今節の降格圏脱出は他会場の結果次第となった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ