「エスコバルのようになれ」PK失敗のコロンビア代表DFに卑劣な脅迫――よみがえる25年前の悲劇

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年07月02日

父親は「祈るばかりだ」と懸念

PKを外して頭を抱えるテシージョ。脅迫を受けていることを明らかにした。(C)Getty Images

画像を見る

 大舞台でPKを外し、チームが敗退を余儀なくされれば、批判を浴びるのは免れない。それはプロサッカー選手に宿命とも言える。だが、命が危険に晒されるなど論外だ。

 6月28日のコパ・アメリカ準々決勝でチリと対戦したコロンビアは、スコアレスのまま90分を終えてPK戦を迎えた。4人目までが成功したが、5人目のウィリアム・テシージョが失敗。5人全員が成功したチリに屈し、コロンビアはベスト8で姿を消した。

 落胆と失望に打ちひしがれたコロンビア国民の一部は、怒りの矛先を間違えた形でテシージョに向けたようだ。

 スペイン紙『Marca』コロンビア版などによると、テシージョとその家族に、SNSで脅迫メッセージが寄せられているという。妻がSNSで明かしたところによると、「エスコバルと同じようになればいい」とのメッセージが届けられたそうだ。

 エスコバルとは、1994年のアメリカ・ワールドカップに出場したコロンビア代表DFのアンドレス・エスコバルのこと。痛恨のオウンゴールを喫し、グループステージ敗退の戦犯とされ、帰国後に射殺されるという悲劇に見舞われた。
 
 それから25年が経ったが、コロンビアでは同様の事件は後を絶たない。昨年のロシアW杯でも、日本との初戦で開始早々にPKを献上し、退場処分となったカルロス・サンチェスが脅迫されたのは記憶に新しい。

 Marca紙によると、テシージョは地元メディアに脅迫があったことを認めたうえで「僕たちは神といる」と話したという。父親は「祈るばかりだ」と懸念を示している。

「これはサッカーの試合であり、勝つ時もあれば負ける時もあるということを理解すべきだ」

 悲劇が繰り返されず、テシージョとその家族が心穏やかに過ごせる日が訪れるのを願うばかりだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ