アーセナルの“エジル売却プラン”が進まず…。週給5000万円が足枷となりオファーがなく、補強にも影響が

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年06月29日

軍資金が欲しいアーセナルは売却を画策するが…。

アーセナルで居場所を失いかけているエジル。稀代の司令塔はノースロンドンを去るのだろうか。 (C) Getty Images

画像を見る

 去る2018-19シーズンを不完全燃焼のまま終わったアーセナルのメスト・エジルは、その去就が注目を集めている。

 13年9月にレアル・マドリーから加わったエジルは、類稀なパスセンスを遺憾なく発揮して攻撃の中心を担ってきた。しかし、ハードワークを求めるスペイン人監督のウナイ・エメリが就任した18-19シーズンは、怪我の影響もあったとはいえ、公式戦35試合に出場して6得点・3アシスト。チームがチャンピオンズ・リーグ出場権を逃したこともあり、小さくない失望を買った。

 再起が求められる新シーズンに向けて、アーセナルは今夏の移籍マーケットで人員の整理を画策するとされている。そのなかで週給35万ポンド(約5075万円)とも言われる高給に見合った活躍ができていないうえ、エメリとの確執の噂が絶えないエジルは、放出の筆頭候補と目されている。

 しかし、30歳となってパフォーマンスがやや下り坂となっているうえ、高額なサラリーが足枷となって、具体的なオファーが舞い込んでいないようだ。英紙『The Sun』は、「高すぎるドイツ人は、今夏の移籍市場で大きな関心を寄せられていない」とし、エジルの現状をこう評している。

「ガナーズ(アーセナルの愛称)はコスト削減のためにエジルを売りに出そうとしている。だが、18-19シーズンのパフォーマンスはあまりに酷過ぎたため、正式なオファーはいまだゼロだ。このままいけば、無論、エジルは新シーズンもアーセナルに留まることになる。刷新を図るため、クラブは大金を必要としているが、手元には4500万ポンド(約65億2500万円)しかない。高給取りであるエジル売却は必至だが、そのプランは行き詰まっている」

 21年6月までの契約を締結しているエジルの獲得には、前述の週給に加え、移籍金もかかるため、小さくない出費が必要となる。そんななか、ドイツ代表MFを引き抜くクラブは、現れるのだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月13日号
    1月23日発売
    2020年版
    J1&J2リーグ
    戦力充実度ランキング
    最新移籍情報を網羅!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ