「大丈夫。僕は行くよ」ネイマールが古巣バルサの元チームメイトたちに送った秘密のメッセージが流出?

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年06月24日

パリSGには加入当初から嫌気?

電撃移籍から2年。ネイマールはバルサへの復帰を果たすのだろうか。 (C) Getty Images

画像を見る

 連日のように去就が世間を賑わせているネイマール。当人はすでにバルセロナへの復帰で決心を固めているのかもしれない。

 2年前の夏にバルセロナからパリ・サンジェルマンに2億2200万ユーロ(約272億円)で移籍したネイマール。当時は、この天文学的な移籍額が注目を浴び、活躍が大いに期待された。

 しかし、相次ぐ故障やプライベートでのスキャンダルが悪目立ちしてしまったネイマールのピッチ内外でのパフォーマンスはバッシングを浴び、一部のパリSG首脳陣やファンの反感を買ってしまっているのだ。

 一方のネイマール本人もパリには嫌気がさしていたとされている。今月21日に英紙『The Sun』は、ブラジル代表FWが入団当初からパリSGを嫌っていたという記事を掲載。以下のような内容のレポートを紹介した。

「チームメイトのエディンソン・カバーニとのPKキッカーを巡る問題や、アル・ケライフィ会長との確執は広く知られている。さらにネイマールは、ドレッシングルーム内での派閥関係や、張り合いのない相手ばかりとの戦いが続くリーグ・アンでのプレーにも嫌気がさしている。また、相手チームからの乱暴なタックルから自分が守られていないとも考えているようだ」

 この記事を鵜呑みにすれば、ネイマールの今夏のマーケット期間中のパリSG退団は、もはや不可避ということが言えそうだ。そんななか、日増しに強まっているのが、バルセロナへの復帰報道だ。

 史上最高額の移籍金を残して去った男がわずか2年で復帰となれば、サッカー界を賑わす大ニュースだ。そんなネイマールのバルサ復帰説を裏付けるトピックとして、英紙『Metro』が取り上げたのは、同選手とバルサ内部のSNSでのやり取りである。

 同紙によれば、ネイマールはバルサの複数のチームメイトたちに対し、メッセージアプリ「WhatsApp(ワッツ・アップ)」で、「心配しないで。僕は行くよ」という「シークレットな伝言を送っていた」という。

 一部では、バルサ側もネイマールの復帰を望んでいるとされ、「1億ユーロ(約130億円)+フィリッペ・コウチーニョ」というオペレーションで交渉中とも言われている。

 この2年で“お騒がせ男”という印象が強まってしまったネイマールは、キャリアを再生させるためにバルサへ復帰するのか。その去就の行方から目が離せない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ