「入りからチャンスはあると思ってた」三好康児はウルグアイからもぎ取った殊勲の2ゴールをどう振り返った?

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年06月21日

最終節に希望を残した日本。

鮮やかな動きで2ゴールを奪った三好。このヤングスターの活躍が強敵ウルグアイからの貴重な勝点1をもたらした。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間6月20日に行なわれたコパ・アメリカのグループC第2節で、ウルグアイ代表と対戦した日本代表は2-2で引き分けた。

 0-4で完敗を喫したチリ戦から先発6名を変更した日本は、中島翔哉や安部裕葵ら技術の高いアタッカー陣を軸に鋭い攻撃を展開すると、25分に三好康児が先制点をねじ込む。

 しかし、ウルグアイもすぐに反攻を開始。31分にペナルティーエリア内でエディンソン・カバーニと交錯した植田直道のシュートブロックに入ったプレーがVARによってPKと判定されて、これをルイス・スアレスに決められてしまう。

 1-1で迎えた後半も堂々たる戦いを演じた日本は、59分に再び三好がゴールを決めて勝ち越しに成功する。しかし、南米の古豪も粘り強さを発揮。66分に左CKからホセ・マリア・ヒメネスがヘディングシュートで同点弾を決めた。

 その後、この試合の勝利でグループリーグ突破を決めようと、ギアを上げて攻勢を強めたウルグアイに対して防戦一方となった日本。それでも身体を張った守備で持ちこたえて貴重な勝点1をもぎ取った。

 エクアドルとの最終節に決勝トーナメント進出の可能性を残した試合後、『DAZN』のフラッシュインタビューに応じた三好は、「入りのところから自分たちの考えていたプレーは出せていたと思う。個人としても、チームとしても、この勝点1は大きいと思います」と手応えを口にし、さらに自身の2ゴールについては、こう振り返った。

「ボールを受けてから仕掛けられるスペースがあったので、チャンスはあると思ってました。1点目なんかはとくにゴールに向かっていくプレーを出せてよかったなと思います」

 そして最終戦のエクアドル戦に向けて三好は、「もう一度、全員でしっかりと準備をして、勝点3を取って、その先に行けたらいいと思います」と気を引き締めた。

 果たして、若きサムライ戦士たちは、史上初のコパ・アメリカでの勝利を手にし、歴史的なグループリーグ突破を決められるのか。運命のエクアドル戦は現地時間6月24日(日本時間25日8時)にキックオフする。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【日本代表PHOTO】日本2-2ウルグアイ|南米の強豪を相手に三好が代表初ゴールを含む2得点の活躍!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月23日号
    4月9日発売
    戦術&システムで
    読み解く
    J1&J2全40クラブの
    「10年史」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ