「驚愕の一撃」「やるじゃないかニッポン!」ウルグアイに大善戦の森保ジャパンをブラジル・メディアが絶賛!

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年06月21日

中島が倒された場面では「VAR、どこに行った?」

日本の攻撃陣を牽引した中島(10番)。ウルグアイDF陣と丁々発止のバトルを繰り広げた。(C)REUTERS/AFLO

画像を見る

 現地時間6月20日、ブラジルで開催中のコパ・アメリカはグループリーグ第2戦を消化。日本代表は強豪ウルグアイとの一戦に臨み、2-2で引き分けた。
 
 第1戦のチリ戦から大幅にスタメンを入れ替えた森保ジャパンは、序盤からカバーニ&スアレスの2トップを軸に高いインテンシティーで圧力を掛けるウルグアイに対して、堅固な守備ブロックで対峙。惜しみないハードワークでタレント力の差を埋めていった。
 
 そして25分、鮮やかに均衡を破る。柴崎岳の絶妙なミドルパスに呼応した三好康児が右サイドを抜け出し、寄せてきたラクサールを交わして右足を一閃! GKムスレラのニアサイドをぶち抜いて見せたのだ。しかしその10分後、VARによって植田直通のカバーニへのチェックがファウルとジャッジされてPKを献上。これをスアレスに冷静に決められ、試合を振り出しに戻されてしまう。
 
 後半もウルグアイの攻勢は変わらないものの、日本は堅守からの小気味良い速攻を繰り返す。すると59分、中島翔哉→杉岡大暉で左サイドを崩し、折り返しをムスレラが弾いたところをふたたび三好がプッシュし、勝ち越しに成功する。電光戦火のカウンターにスタンドがどよめいた。だがウルグアイも引き下がらない。66分に左CKからヒメネスが完璧なヘッドをねじ込んで再度同点とする。その後もボール支配で日本を上回り、怒涛の攻撃で逆転弾を追い求めたが……。そのままスコアは動かず、2-2でタイムアップを迎えた。

 
 この一戦を速報で伝えたのが、地元ブラジルの最大ネットワーク『Globo』だ。日本の善戦ぶりを大いに称えている。
 
「試合はスタート直後から実にオープンなものとなり、先手を取ったのは日本だった。ラクサールを手玉に取ったミヨシが驚愕の一撃でムスレラを制したのだ」
 
「違いをもたらしているのはミヨシとシバサキで、オカザキ(岡崎慎司)の献身性も素晴らしい」
 
「日本の2点目はウルグアイの“温室”のようなディフェンスを巧みに突いた。またしても仕上げは若きミヨシだった」
 
 後半開始早々に中島がエリア内で倒された場面については、「VARはどこに行った? おかしなジャッジだ」と苦言を呈し、テレビ中継の実況は「ウルグアイだけが(VARの)恩恵を受けて不公平だろう」とバッサリ。それでも最後は「ともに激しく攻め合う、見応えある試合だった。ウルグアイにとっては痛恨の結果。日本は大いに自信を膨らませただろう」と評した。
 
 さらに速報ページでは現地のロドリゴ・セルケイラ記者が随時ツイート。「やるじゃないかニッポン!」「ウルグアイが本気で焦っているぞ」「チリ戦とは見違える出来だ」など、こちらも日本のパフォーマンスに対して高評価を与えた。
 
 本気のウルグアイを相手に掴んだ価値ある1ポイント。ブラジルの地で、森保ジャパンが存在を示した。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【日本代表PHOTO】日本2-2ウルグアイ|南米の強豪を相手に三好が代表初ゴールを含む2得点の活躍!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト7月25日号
    7月11日発売
    勢力図はどう変わる!?
    2019シーズン J1&J2
    最終順位 大予想
    柴崎&宇佐美ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月18日発売
    2019-2020シーズン
    ヨーロッパ主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    WCCFシリアルコード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ