【ウルグアイ戦速報】日本、三好弾で先制も無情のVAR判定でPKを献上…1-1で後半へ

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年06月21日

カバーニへのファウルから、スアレスのPK弾で追いつかれる

日本は三好のゴールで先制するも1-1で後半へ。(C) Getty Images

画像を見る

 ブラジルで開催されているコパ・アメリカの日本代表対ウルグアイ代表の一戦は、日本時間の6月21日午前8時のキックオフで、ポルトアレグレのアレーナ・ド・グレミオで行なわれている。

 日本は、初戦のチリ戦から先発6名を変更。4-4-2でスタートした日本のスタメンは、GKにベテランの川島永嗣がロシア・ワールドカップ以来の先発。DFには左から杉岡大暉、冨安健洋、植田直通、岩田智輝。中盤はボランチに柴崎岳と板倉滉が入り、2列目の左サイドに中島翔哉、右に三好康児。前線はやや下がり目に安部裕葵が入り、岡崎慎司が最前線に入った。

 立ち上がり、ウルグアイはルイス・スアレスがセンターサークル付近からロングレンジのミドルシュートを狙う。わずかにクロスバーを越え、得点とはならなかったが、いきなり日本ゴールを脅かす。

 しかし日本も中島、三好、安部ら技術の高いアタッカー陣を軸に反撃。スピーディな流れからたびたび岡崎慎司がフィニッシュに絡んでいく。そして25分、日本はカウンターから三好が右サイドをドリブルで持ち上がると、対面のDF一人をかわして右足を一閃。GKムスレラのニアサイドを破ってゴールネットを揺らす。日本が均衡を破った。

 だがウルグアイもすぐさま反撃を開始。31分、ペナルティエリア内でカバーニと植田が交錯。シュートモーションに入ったカバーニに対して、植田がブロックに入ったプレーがVARによってPKと判定されてしまう。これを35分、スアレスに沈められ、ウルグアイが試合を振り出しに戻した。

 結局、前半は1-1の同点で終了している。
【関連記事】
森保ジャパン、ウルグアイ戦スタメンにベテラン川島、岡崎らを起用! 久保はベンチスタート
【コパ・アメリカ/ウルグアイ戦|展望】何より警戒すべきは相手の強力2トップ。ショートカウンターにも細心の注意を
久保建英のマドリー移籍をスペインの名物記者はどう見たのか?「活躍する可能性は十分にある。だがバルサに行くべきだった」
「もっとも目立つ活躍」「残念さが残った」韓国メディアの久保建英評は真っ二つ。一方でチームの出来は「力不足」と一刀両断
【セルジオ越後】南米王者に完全な力負け。準備不足の"東京五輪代表"はチームの骨格すら見えなかった

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ