ラツィオでクラブと主力に亀裂! スペイン代表MFが名物会長に「発言が腹立つ」「理解できない」と怒り

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年06月21日

会長の軽率発言に怒り

ラツィオの主力として活躍してきたL・アルベルトは、ロティ―ト会長に不信感をつのらせた。 (C) Getty Images

画像を見る

 2018-19シーズンは6年ぶりのコッパ・イタリア優勝で喜びを味わったラツィオは、ユベントス行きも噂されたシモーネ・インザーギ監督とも契約を延長し、新シーズンに向けて意気込んでいる。

 だが、クラウディオ・ロティート会長のインタビューでのコメントが、主力であるスペイン代表MFルイス・アルベルトの逆鱗に触れた。イタリア紙『Gazzetta dello Sport』が報じている。

 ロティート会長は先日、『Gazzetta dello Sport』のインタビューで、L・アルベルトの去就について問われると「様子をみよう」と、放出の可能性もあることをほのめかした。

「サッカー界において、不足することがない唯一のものは、選手だよ」
 
 この発言にL・アルベルトは不快感を隠さなかった。『Gazzetta dello Sport』によると、母国紙の『Abc』で、「2日前まで売却不可能だったのに、今じゃ違う。どうなるか、見てみようじゃないか」と述べた。

「理解できないことがある。ロティート会長の発言が理解できないのさ。腹が立つね。良くないよ。僕らは2つのトロフィー(2017年のスーペルコッパと今季のコッパ・イタリア)を手にした。それなのに、こんな風に自軍の選手の価値を危険にさらすなんて…」

 昨年も古巣セビージャが関心を寄せたL・アルベルトは、「彼らから僕に連絡はない。でも、代理人とのコンタクトはあった」と明かしたうえで、信頼するインザーギ監督と話し合うと語った。

「僕に連絡をくれたのは、インザーギ監督だけだ。彼のプロジェクトにとって、僕は重要な存在だと言ってくれたよ。僕と続けたいってね。監督とはサッカーだけじゃない関係なんだ。7月9日のキャンプスタートから話し合いを続けていくよ」

 果たして、ロティート会長とL・アルベルトの関係は改善されるのか。このまま去就問題へと発展するのか。クラブのトップと主軸の間に生じた亀裂の今後が注目される。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月13日号
    7月22日発売
    2020年シーズン更新版
    J1&J2全40クラブ
    最新戦術ガイドブック
    攻守のメカニズムを徹底分析!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月16日発売
    初夏の風物詩
    2019-2020シーズン
    BEST PLAYERを発表!
    リバプール優勝記念特集も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ