ACL決勝T1回戦、浦和が蔚山にホームで痛恨の敗戦… 杉本が先制弾も、アウェー弾2発を食らう

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年06月19日

杉本が公式戦3か月ぶりのゴールも

杉本の先制ゴールも及ばず浦和はホームでの初戦を落とした。

画像を見る

 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は6月19日、決勝トーナメント1回戦のファーストレグを各地で開催。埼玉スタジアムでは、浦和レッズ対蔚山現代の一戦が行なわれ、浦和は1-2で敗れた。

 大槻体制となって初のACLの試合となった浦和は、前線に興梠慎三と杉本健勇を起用。杉本は3月17日のセレッソ大阪戦以来、公式戦では約3か月ぶりの先発起用となった。

 試合は立ち上がりから浦和がボール支配で上回る展開。バイタルエリアでの細かいパス回しや山中亮輔のミドルなど多彩な攻めで蔚山を自陣に追い込んでいく。そして37分、浦和は青木拓矢からのクロスに杉本がヘッドで合わせ、ゴール左に流し込む。浦和が、杉本の約3か月ぶりとなる公式戦のゴールで先制した。

 しかし5分後、蔚山はイ・グノが左サイドを持ち上がり、クロスを供給すると、中央で待ち構えたジュ・ミンギュが頭で合わせ、ネットを揺らす。蔚山がアウェーゴールを奪い、同点に追いつく。

 1-1で迎えた後半は互角の攻防を展開。互いにゴールを脅かすシーンを作り出すが、勝ち越しのゴールを奪ったのは蔚山。80分、ファン・イルスがドリブルで浦和陣内を持ち上がると、そのまま右足を一閃。グラウンダーの鋭いシュートがゴール左隅に吸い込まれた。蔚山が2-1とリードする。

 結局、試合は浦和の反撃もむなしく、2対1でタイムアップ。浦和はホームでアウェーゴールを二つを許して痛恨の敗戦を喫した。セカンドレグは、舞台を韓国・蔚山に移して6月26日に行なわれる。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ