浦和がエース興梠の劇的逆転弾で新体制初勝利!ホームでの連敗を3でストップ

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年06月15日

アディショナルタイムにドラマ!興梠が会心の決勝点

宇賀神(中央)の同点弾で試合を振り出しに戻した浦和は、終了間際に興梠が決勝点を挙げて鳥栖を下した。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 J1リーグ15節の浦和レッズ対サガン鳥栖が15日、埼玉スタジアム2002で行なわれ、2-1で浦和が勝利した。
 
 前節の川崎フロンターレ戦(1-1)から指揮を執る浦和の大槻毅監督と、就任後3勝1敗とチームを立て直した鳥栖の金明輝監督による新体制対決で、先制点を奪ったのは後者のほうだった。
 
 18分、左サイドでボールを持った三丸拡が中央へカットインし、後方の福田晃斗へパス。福田が再びドリブルで左サイドに切り込み、クロスを上げると、後ろから猛然と走り込んだアン・ヨンウが滑り込みながら左足で合わせた。
 
 対する浦和は31分、宇賀神友弥のファインゴールで追いつく。相手GKのフィードを撥ね返して速攻気味に右サイドに侵入した浦和は、岩武克弥がDFをひとりかわしてクロスを入れる。これを中央の興梠慎三がスルーしてファーサイドにボールを流すと、走り込んだ宇賀神がダイレクトで合わせ、見事にコントロールされたシュートを右サイドネットに突き刺した。
 1-1で迎えた後半は浦和がやや優勢に試合を進めたが、なかなかゴールは奪えない。すると、手堅い守備で耐え続けた鳥栖も盛り返し、中盤での激しい鍔迫り合いが続いた。この膠着状態を打開しようと、鳥栖は67分にフェルナンド・トーレス、80分に安在和樹を投入。浦和も70分に森脇良太を入れてバランスを整え、80分にはマルティノスを起用して1点を狙いに行った。
 
 そうして迎えた90+3分、途中出場のマルティノスが左サイドを突破してクロスを供給。相手DFに当たってコースが変わったボールに興梠が反応し、抑えの利いた右足シュートでゴールを射抜いた。まさに劇的な一発。浦和がエースの逆転弾でホーム4試合ぶりの勝点3を手に入れた。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ