【なでしこジャパン】苦しんだ1戦目と何が変わったのか。キャプテン熊谷が語った“意識”

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2019年06月15日

「やっぱり自分たちがゴールを奪わないと」

熊谷はスコットランド戦でもキャプテンとしてチームを統率。見事に今大会初勝利に導いた。写真:早草紀子

画像を見る

[女子ワールドカップ・フランス/グループステージ2節]日本2-1スコットランド/ロアゾン・パルク
 
 フランスで開催されている女子ワールドカップで、日本代表は6月14日のスコットランド戦で今大会初勝利。グループステージ突破に向けて、大きな勝点3を獲得した。
 
 目を引いたのは、積極性だった。立ち上がりからハイプレスを仕掛けてボールを奪えば、テンポ良くパスをつないでスコットランドのゴールに迫った。
 
 23分に岩渕真奈の、37分に菅澤優衣香の得点が生まれ、前半のうちに2点のリードを奪えたのは、そうしたアグレッシブな姿勢があったからだろう。
 
 圧倒的に攻めてはいたものの、ノーゴールに終わった初戦のアルゼンチン戦とは、迫力という部分で明らかに成長が見られた。
 
 キャプテンの熊谷紗希も、苦しんだ初戦との違いを話す。
 
「自分たちからアクションを起こしたところ。やっぱり自分たちがゴールを奪わないと勝てないので。前半の立ち上がりから、前からいこうと意識してやっていた。後ろはカウンターの対応を、そこだけは気を付けようとみんなで話し合って臨みました」
 
 自分たちからアクションを起こすという、本来の“なでしこらしさ”を取り戻したスコットランド戦は今大会のひとつのターニングポイントになるかもしれない。ここから波に乗る可能性は十分にある。
 
 もっとも、熊谷は味方のパスミスをかっさらわれて失点したシーンを「あの時間帯につないだ方が良かったのかというところは、自分たちが考えなければいけないところだと思う」と振り返りもする。
 
「まずもう一度チームとして反省をして、あとは良い準備をして、イングランド戦に良い形で臨めたらと思います」
 
 収穫と課題を語ったキャプテンは、あくまで冷静に次の試合を見据えている。

構成●サッカーダイジェスト編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ