鹿島、後半の猛攻でC大阪に2-0!暫定3位に浮上する3試合ぶりの勝点3

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年06月14日

前半の劣勢を凌ぎ、後半に2ゴール

冷静に先制PKを沈めたセルジーニョ。身体を張ったキープも光った。写真:滝川敏之

画像を見る

 
 
 J1リーグ15節の鹿島アントラーズ対セレッソ大阪が14日、県立カシマサッカースタジアムで行なわれ、2-0で鹿島が勝利を収めた。
 
 前半に試合のペースを握ったのはアウェーのC大阪だった。タイトな守備で鹿島を封じつつ、攻撃に移ると清武弘嗣のキープ力や水沼宏太の起動力を生かしてサイドを崩す。しかし、9分には左からのクロスを受けた水沼が決定機を迎えたが、前に出たGKクォン・スンテがファインセーブ。19分にもクロスから決定機を作ったが、これもモノにできない。
 
 対する鹿島は27分、カウンター気味に右サイドを突破し、セルジーニョのクロスにレアンドロが頭で合わせたが、GKキム・ジンヒョンにセーブされた。

 後半に入ると鹿島が攻撃の圧力を増し、50分にレアンドロが相手のファウルを誘ってPKを獲得。これをセルジーニョがきっちりと決めて先制に成功する。1点をリードした鹿島はその後、試合を上手くコントロールし、72分には相手のビルドアップのミスを突いてボールを奪い、最後は白崎凌兵が豪快なミドルで追加点。終盤はC大阪の攻撃を上手くいなしつつ、途中出場のレオ・シルバが攻守を引き締めて2-0で勝ちきった。
 
 鹿島は12節の松本山雅FC戦以来となる3試合ぶりの勝点3で暫定3位に浮上。18日に行なわれるACLラウンド16のサンフレッチェ広島戦に向け、勢いの付く快勝を収めた。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月13日号
    7月22日発売
    2020年シーズン更新版
    J1&J2全40クラブ
    最新戦術ガイドブック
    攻守のメカニズムを徹底分析!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月16日発売
    初夏の風物詩
    2019-2020シーズン
    BEST PLAYERを発表!
    リバプール優勝記念特集も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ