伝統の背番号はいまや呪いに!? C・ロナウド退団から10年。マンUの7番をつけた5人のゴール数はわずか…

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年06月12日

レジェンドたちが継承してきらナンバーセブンもいまや…

レッドデビルズで異彩を放ったC・ロナウド(中央)。だが、その後に7番を背負った選手たちは鳴かず飛ばずだ。 (C) Getty Images

画像を見る

 ジョージ・ベストに始まり、ゴードン・ストラカン、マイク・ダックスバリー、ブライアン・ロブソン、アンドレイ・カンチェルスキス、エリック・カントナ、デイビッド・ベッカム、そしてクリスチアーノ・ロナウド――。幾多のビッグスターが背負ったマンチェスター・ユナイテッドの7番は、「伝説的な番号」として継承されてきた。

 しかし、いまや伝統のナンバーセブンも“呪いの番号”になってしまったのかもしれない。英紙『Daily Mail』によれば、C・ロナウドがレアル・マドリーに移籍した2009年の夏以降でユナイテッドの7番を付けた選手たちのプレミアリーグでのゴール数が、わずか「15」にとどまっているという。

 C・ロナウドの退団後に7番をつけたのは、マイケル・オーウェン、アントニオ・バレンシア、アンヘル・ディ・マリア、メンフィス・デパイ、アレクシス・サンチェスの5人だ。

 いずれも入団前は大いに活躍が期待されたが、偉大なる先達たちのようには振るわず……。2018年1月にアーセナルから電撃加入したサンチェスに至っては、週給50万ポンド(約7250万円)を受け取っていながら1年半で3ゴールのみという散々な成績なのだ。

 そうしたユナイテッドの7番を取り巻く状況について、『Daily Mail』は、「伝統の7番は彼らによって『呪われたユニホーム』に変わった」と皮肉り、さらに英紙『The Sun』も「彼らは大きく期待を裏切った」と、サンチェスらを酷評した。
 
 ちなみにユナイテッドが5人を獲得するために支払った合計の移籍金は1億4571万円(約211億2795万円)だ。C・ロナウドをマドリーに売却した際に手にした収益が8460万ポンド(約122億6700万円)ということを考えても、かなりの浪費と言えるだろう。

 ユナイテッドの7番はこの先も呪われた番号として継承されていってしまうのだろうか。

 以下は、C・ロナウド退団以降で7番を背負った選手たちのとプレミアリーグでの得点数だ。

マイケル・オーウェン/09-10シーズンから11-12シーズンまで
31試合・5ゴール

アントニオ・バレンシア/12-13シーズンから13-14シーズンまで
30試合・1ゴール

アンヘル・ディ・マリア/14-15シーズンのみ
27試合・2ゴール

メンフィス・デパイ/14-15シーズンのみ
29試合・4ゴール

アレクシス・サンチェス/17-18シーズンから
32試合・3ゴール

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ