【釜本邦茂】FC東京でのプレーをそのまま発揮した久保建英。すでに一級品になる要素を持っている!

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年06月09日

自分の個性をしっかりと発揮できていた久保は、楽しくプレーできたはず

18歳5日の若さで代表デビューを果たした久保。今後いかなる成長曲線を見せるのか。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 キリンチャレンジカップのエルサルバドル戦は、まずまずの内容で2対0の勝利を収めたね。まあ、あれで後半にもう1点、2点取れれば、スッキリした勝ち方になったのだろうけれど、前回の点が取れなかった戦いぶりを糧にして、メンバーの組み合わせもうまくできていたんじゃないかな。
 
 前半目立っていたのは、2ゴールを挙げた永井謙佑と右ウイングバックの伊東純也だった。このふたりの裏に抜けるスピードを利用した攻撃が、相手にとってはかなり脅威となっていた。トリニダード・トバゴ戦では、相手ディフェンスの前でしかパスを回せなかったけど、彼らが裏に抜けたり、あるいは積極的に仕掛けたりすることで敵の守備網にも穴を開けられた。
 
 そして後半はなんと言っても、代表デビューを飾った久保建英だ。やはり、面白い素材だね。印象に残ったのは、右サイドからDFふたりに囲まれた局面をドリブルで打開し、フィニッシュまでもっていった場面だ。瞬間的なスピードでグッと前に出る推進力もあったし、スピードに乗ったまま抑えの効いた良いシュートを放っていた。
 
 タイプ的には中島翔哉と似ているが、こうしたどんどん自分から仕掛けてゴールを狙っていけるアタッカーは、今後も増えていきそうな気配があるね。久保のような若い年代のほうがゴールに向かっていくプレーは、トレーニングで意識付けされているだろうし、幼い頃から欧州でプレーするという目標がある選手たちなら、必然的に個を磨く意識も高まっているだろうから。
 
 久保も全体的な身体つきは本当にがっちりしてきた印象だし、太腿もかなり太くなってきたね。自分の所属チームでもかなりフィジカル面のトレーニングは意識を高く持ってやっているんじゃないのかな。
 
 久保はすでに、一級品の選手になり得る要素を持っている。個のレベルが高い、つまり個人の技術・戦術もチーム戦術も高いレベルで併せ持っている選手は、どこのチームに行ってもすぐに自分の能力を発揮できてしまうものなんだ。
 
 この日の久保はFC東京での好調時のパフォーマンスを、そのまま日本代表でもやってのけていた。わずか20分程度のプレー時間だったけど、自分の個性をしっかりと発揮できていた久保は、楽しくプレーできたはずだよ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ