得点力不足に悩む磐田が新布陣にトライ。しかし、"アダ・ロド頼み"の攻撃には一抹の不安も

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年06月03日

名波監督は「得点力不足は明らか。そこにフォーカスしてやる」と中断期間中の修正ポイントを挙げた。

PKを沈めてチームを救ったロドリゲス。強引な突破は迫力十分だが、一方で周囲と好連係を築けているかと言えば……。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ジュビロ磐田は試合終了間際に追い付き、辛うじて勝点1を拾った。開始3分にPKでヴィッセル神戸に先制されるなど、苦しい立ち上がり。だが、前半途中から盛り返すと、終盤は猛攻を仕掛けてアディショナルタイムにPKを獲得。ロドリゲスのシュートは一度、GKに阻止されたが、こぼれ球をロドリゲスが自ら押し込んだ。
 
 名波浩監督はヴィッセル神戸戦でふたつのテコ入れをした。アダイウトンとロドリゲスを2トップにし、アンカーに今季初先発となった山本康裕を据えた。横浜F・マリノス戦は1トップに中山仁斗を置き、2列目にアダイウトンとロドリゲスを並べたが、両助っ人が前線に残る場面が目立ち、中盤にスペースが空いたところを突かれた。
 
 しかし、神戸戦では山本を中盤の底に置くことで、山田大記と田口泰士の両MFを前に押し上げ、陣形をコンパクトにすることができた。名波監督は「前節(横浜戦)もこの布陣にしようかと思ったが、諸事情でできなかった」とし、神戸戦の山本の出来を「ウェリントンにボールが入った後に出てくる選手を(山本)康裕に捕まえさせた。プレスの連続性も出たし、バランスも取ってくれた。前への意識も高かった」と賛辞を惜しまなかった。
 
 ただ、山田や田口の負担はあまり軽減されなかった。山田は78分までのプレーだったが、走行距離は10.607キロ。4月28日の北海道コンサドーレ札幌戦から横浜戦まで5試合連続で12キロ超えを記録し、両チーム合わせて最長距離を走ってきた。「今日も行けるところまでいこうと思った。相手GKにボールが入った時でも、アダイウトンやロドリゲスが行くより、僕が真ん中から行った方がスムーズだったから」と山田は振り返った。

 前節5月26日の横浜戦で4失点したとはいえ、12節までは11失点と守備は安定していた。だが、昨季は攻撃に比重をかけたことで後半戦に失速したように、攻守のバランス調整は今季も課題を突き付けられている。残留を意識すれば守備を重視したいが、昨季の二の舞は踏まないよう、キャンプから攻撃力の改善をテーマに掲げてきた。しかし、13節まで10得点。名波監督は「得点力不足は明らか。そこにフォーカスしてやる」と15日のガンバ大阪戦までの中断期間中の修正ポイントを挙げた。
 
 アダイウトンとロドリゲスの破壊力を生かさなければ、攻撃力アップはありえない。ただ、ひとつ間違えると守備が再び崩壊する可能性がある。攻撃が”アダ・ロド頼み”になりすぎることも危険だ。神戸戦は終盤の猛攻にも、途中からピッチに立った荒木大吾は「ロドが得点の意識が強いのはいいが、いい位置にいる選手がいるのに、ボールを出さないことも目立った。攻めているようで、ぐちゃぐちゃになりかけていた」と明かした。逆転できる雰囲気は漂わせたが、ロドリゲスが放った8本のシュートは距離が長かったり、体勢が良くない状態が目立った。
 
 もともと、組織力を高めながら積み上げてきたチーム。個人の能力が高いに越したことはないが、全体で攻撃のイメージの共有ができなければ、宝の持ち腐れになる可能性もある。もちろん、残留争いから抜け出すためには勝点1を拾うより、勝点3を狙う戦いを目指したいが……。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ