王者ユーベからC・ロナウドら3人を選出!36歳の得点王も…【編集部が厳選したセリエAのベスト11】

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年05月29日

選考に悩んだのは左SB

編集部が厳選した「18-19セリエAのベストイレブン」。 (C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 前人未踏の8連覇を達成したユベントスの強さが際立った2018-19シーズンのセリエA。優勝争いは早々に決着がついたものの、チャンピオンズ・リーグ出場権争いや残留争いは大混戦で、最後の最後まで目が離せない展開となった。

 そんな白熱のシーズンで眩い輝きを放った名手たちの中から、編集部が厳選してベストイレブンを選出。セクション別に紹介する。

※「2018-19シーズン成績」はセリエAのもの。

―――◆―――◆―――

【GK】
サミール・ハンダノビッチ(インテル)
【2018-19シーズン成績】
38試合・33失点(17クリーンシート)


 シーズンを通してもっとも安定したパフォーマンスを見せた守護神だ。クリーンシート17回はリーグ最多で、落ち着き払ったセービングで度々ピンチを救った。フィードやビルドアップなど攻撃面での貢献度は高くないものの、それを差し引いても“最優秀GK”に相応しい。
 
【DF】
ハンス・ハテブール(アタランタ)
【2018-19シーズン成績】
35試合・5得点・5アシスト

カリドゥ・クリバリ(ナポリ)
【2018-19シーズン成績】
35試合・2得点・2アシスト

ジョルジョ・キエッリーニ(ユベントス)
【2018-19シーズン成績】
25試合・1得点・1アシスト

アレクサンドル・コラロフ(ローマ)
【2018-19シーズン成績】
33試合・8得点・2アシスト


 センターバックはクリバリとキエッリーニを選出。前者は圧倒的なフィジカルで敵FWを抑え込むだけでなく、状況判断能力も向上。後者は、故障で離脱した試合も少なくなかったとはいえ、激しいフィジカルコンタクトと狡猾な駆け引きで、34歳という年齢を感じさせない鉄壁の守備を見せた。

 右サイドバックは、スパルのマヌエル・ラッザリと天秤にかけて、より献身性が光ったハテブールをチョイス。アタランタでは右ウイングバックとして何度も上下動を繰り返し、積極的にゴール前まで進出して5得点を挙げるなど、チームの快進撃の文字通り一翼を担った。

 選考に悩んだのが、いずれも決め手に欠けた左サイドバック。アレックス・サンドロ(ユベントス)やクワドォー・アサモア(インテル)も候補に挙がったが、DFながら8ゴールと自慢の攻撃力を遺憾なく発揮し、プレースキッカーとしても優秀だったコラロフを選んだ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト10月10日号
    9月26日発売
    全4135選手!
    都道府県別
    Jリーガー
    輩出ランキング
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月3日発売
    欧州サッカー
    「衝撃の新世代」
    次代にスターを追え!
    4大リーグ序盤戦点検も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ