【川崎】来日初弾のマギーニョ、ゴールパフォの意味は「“彼”がゴールを挙げた時と同じポーズ」

カテゴリ:Jリーグ

古沢侑大(サッカーダイジェスト編集部)

2019年05月27日

「まずは神様に感謝」(マギーニョ)

マギーニョはビスマルクと同じゴールパフォーマンスを披露。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ13節]大分0-1川崎/5月26日(日)/昭和電工ドーム大分
 
 昇格組ながら好調を維持する大分トリニータと昨季のJリーグ王者の川崎フロンターレの一戦は、川崎が1-0で勝利した。

 決勝点を奪ったのは今季から川崎でプレーするマギーニョ。このブラジル人右サイドバックはレギュラー候補として加入し、開幕戦のFC東京戦こそスタメンを飾ったものの、その後リーグでは1試合も出番が与えれず、大分戦が実に12試合ぶりの出場だった。

 そのマギーニョはゴールシーンをこう振り返った。

「左サイドから(長谷川)竜也が特長を活かして、1対1を上手くかわしてセンターリングを上げてくれた。ボールが自分のところに転がってくる、落ちてくると信じてボールに入っていきました」
 
 また眉間を指でつまみ、ひざまずくゴールパフォーマンスについては「まずは神様に感謝。その後は日本でプレーしていたビスマルク。彼が自分の代理人なんですけど、彼がゴールを挙げた時と同じポーズです。彼に捧げるポーズをしました」と明かしてくれた。

 決勝点を挙げたマギーニョには、攻め上がりの迫力があった。とはいえ、つなぎの部分や守備面ではまだまだ連係面の向上が求められそうだ。実際、大分戦ではジェジエウからのパスが合わない場面や、対峙した松本を相手に後手に回る場面も多かった。その後、68分と早い時間に交代を命じられたのだ。
 
 だが、久々に訪れたリーグでのチャンスで得点を奪い、それが決勝点になったのだ。これから日本のサッカー、そして川崎のサッカーに馴染んでいけば今後ますますの活躍が期待できるだろう。

取材・文●古沢侑大(サッカーダイジェスト編集部)

 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月13日号
    1月23日発売
    2020年版
    J1&J2リーグ
    戦力充実度ランキング
    最新移籍情報を網羅!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ