F・トーレスはついに出番なし…鳥栖が豊田陽平の劇的弾で鹿島撃破!! 新体制発足から3連勝で降格圏脱出!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年05月26日

土壇場90+4分に小野からのクロスを左足ボレーで突き刺す!

鹿島戦で決勝点を挙げた豊田。写真:徳原隆元

画像を見る

 J1リーグは5月26日、各地で13節の6試合を開催。ベストアメニティスタジアムでは、サガン鳥栖対鹿島アントラーズの一戦が行なわれ、ホームの鳥栖が1対0で勝利を収めた。

 試合は一進一退の攻防が続き、0対0のまま推移。30度以上の暑さの中で、拮抗した展開が続いたが、ドラマは終盤に訪れた。後半アディショナルタイムの90+4分。途中出場の小野裕二が左サイドを破り中央へ折り返すと、これを豊田陽平が左足ボレーで鹿島ゴールに突き刺した。

 土壇場で飛び出した豊田のゴールが決勝点となり、鳥栖は金明輝監督が就任以来3連勝。これで鳥栖は勝点を13として降格圏を脱出した。一方、新体制発足以来、ベンチスタートから途中出場が続いていたフェルナンド・トーレスにはこの日、ついに出番は訪れなかった。

 また鹿島は勝点23のままで、6位に後退した。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月13日号
    1月23日発売
    2020年版
    J1&J2リーグ
    戦力充実度ランキング
    最新移籍情報を網羅!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ