【ルヴァン杯】ユ・インスのゴールでFC東京が2位通過!首位の仙台は柏と1-1のドロー|Bグループ

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年05月22日

決勝点のユ・インスは「監督とファンに感謝したい」

今季、福岡からFC東京に復帰したユ・インスはルヴァン杯初ゴール。監督の期待に結果で応えた。(C)J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

 5月22日、ルヴァンカップ・グループステージ6節が各地で開催。グループBの最終節ではFC東京対サガン鳥栖、柏レイソル対ベガルタ仙台の2試合が行なわれた。
 
 すでに仙台が1位突破を決めているグループBでは、2位・FC東京と3位・鳥栖が残る1枠を懸けて激突した。前半は鳥栖がボールをキープし、相手のスペースをさぐり、FC東京は最終ラインの位置を高く保ち、カウンターを狙う。
 
 試合が動いたのは45分、中村拓海のシュートのこぼれ球に反応したユ・インスがゴールに流し込み、FC東京が先制する。引き分け以上で勝ち抜けが決定するFC東京にとって、貴重な得点となった。このゴールについてユ・インスは試合後のインタビューで、「監督の期待に応えたかった。(先発で起用してくれた)監督とファンに感謝したい」と述べた。
 
 後半はお互いに決定機を作るも、得点には結びつかず。試合は1点を最後まで守り切ったFC東京が1-0で鳥栖を下した。
 

 一方、グループステージ敗退が決定している柏と首位の仙台の一戦は、26分に瀬川祐輔の得点で柏が先制したものの、79分に仙台の田中渉がプロ初ゴールを決め、試合は振り出しに。このままスコアは変わらず、1-1のドロー決着となった。
 
 この結果、鳥栖との直接対決を制したFC東京が2位をキープ。グループBは1位・仙台とFC東京がグループステージを突破。3位の柏と鳥栖が敗退となった。ルヴァン杯、次戦は6月19日のプレーオフステージ。各グループを突破した8チームが、プライムステージ進出を懸けて争う。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月13日号
    1月23日発売
    2020年版
    J1&J2リーグ
    戦力充実度ランキング
    最新移籍情報を網羅!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ