「あんたはクソコーチだ!」マンCの司令塔デ・ブルイネがプレミア優勝後にペップへ大胆発言! 一体なぜ?

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年05月15日

勝ち続けているペップに…

グアルディオラ(右)の下で研鑽を積んで、より大きく成長した感のあるデ・ブルイネ(左)。そんな教え子が、師に放ったセリフが話題となっている。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間5月12日に開催されたプレミアリーグ最終節で、ブライトンを4-1で撃破したマンチェスター・シティは、クラブ史上初となる国内トップリーグ連覇を達成した。

 今年2月3日に行なわれたアーセナル戦からの怒涛の14連勝でプレミアリーグ連覇を掴んだシティ。わずか勝点1差だった2位リバプールとのデットヒートが熾烈さを極めたこともあり、選手やスタッフ陣、そしてサポーターたちの喜びもひとしおだろう。

 ブライトン戦後、敵地ながらスタジアム内でメダルとトロフィーの授与が行なわれ、シティの面々は、大勢の自軍サポーターとともに自分たちが成し遂げた栄誉を称え合うなか、指揮官に思わぬ一言を投げかけた選手がいる。ケビン・デ・ブルイネだ。

 2015年8月にヴォルフスブルクから加入して以来、中盤の絶対軸として君臨するデ・ブルイネ。2016年2月にグアルディオラが就任してからというもの、そのプレーはより凄みを増しており、彼はシティにおけるペップ・サッカーの申し子と言っても過言ではない。
 
 そんなベルギー代表MFのまさかの一言を拾ったのは、地元紙『Manchester Evening News』だ。同紙の電子版に掲載されている動画内で、デ・ブルイネは、試合後のセレモニーの最中にグアルディオラと抱擁をかわした直後、次のようなセリフをつぶやいている。

「あなたはクソコーチだ! だって勝ったことしかない!」

 信頼する選手からの予期せぬ発言にグアルディオラも「What!?(なんだって!?)」と聞き返したが、その表情は笑顔に満ちており、両者の関係が仲違いするようなものではなかった。

 デ・ブルイネの辛辣なジョークの通り、グアルディオラが勝ち続けているのは確かな事実だ。この自身2度目のプレミアリーグ優勝で、監督キャリアで獲得したタイトル数を26とし、ジョゼ・モウリーニョを抜いて歴代の単独5位に浮上している。ちなみに最も多くの優勝経験を持っているのは、アレックス・ファーガソンで、その数は49個と圧倒的である。

 現地時間5月18日にワトフォードとのFAカップ決勝を迎えるシティ。プレミア王者らしくシーズンを締めくくれるかに注目だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月13日号
    7月22日発売
    2020年シーズン更新版
    J1&J2全40クラブ
    最新戦術ガイドブック
    攻守のメカニズムを徹底分析!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月16日発売
    初夏の風物詩
    2019-2020シーズン
    BEST PLAYERを発表!
    リバプール優勝記念特集も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ